151キロ右腕の専修大・菊地吏玖投手がヤクルト2軍と対戦、6球団視察しDeNAが評価

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

専修大が東京ヤクルト2軍とプロアマ交流戦を行い、最速151キロを記録するドラフト候補の菊地吏玖投手が先発した。

スポンサーリンク

147キロ

力投派の菊地吏玖投手は初回、1アウト2塁のピンチとなったが、3番の坂口選手から146キロのストレートで空振り三振を奪った。「高めに伸びるボールが自分の持ち味。強い真っすぐを投げることだけを考えていました」と話した。

3回を投げて3安打2奪三振2失点、「初回と2回は、抑えなければ、アピールしなければ、という気持ちが強すぎて力んでしまった。それでも、コントロール重視に切り替えた3回は、いい感じで投げることが出来ました」と手応えを見せた。

プロとの初めての対戦だったが、「無駄な球を振らないし、ちょっとでも甘いと持っていかれる。もっと精度を高めないと」と気を引き締め直した。

この日は6球団のスカウトが視察に訪れ、横浜DeNAの中川スカウトは「ストレートはスピードも精度も高いレベル」と評価した。

プロを相手に実力を見せた菊地投手、春のリーグ戦でも注目される。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
専大のドラフト上位候補、菊地吏玖がヤクルト2軍相手に好投「真っすぐで押し気味にいけたのは収穫」【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球2部の専大は13日、埼玉県戸田市でヤクルト2軍と練習試合を行い、今秋ドラフト上位候補の菊地吏玖投手(3年・札幌大谷)が先発...

初めてのプロ相手の登板。「無駄な球を振らないし、ちょっとでも甘いと持っていかれる。もっと精度を高めないと」。それでも、この日最速の147キロ直球で坂口から空振り三振を奪うなど片りんを披露。6球団のスカウトが視察し、DeNAの中川スカウトは

【大学野球】 専大の151キロ右腕・菊地吏玖 ヤクルトのベテラン・坂口から奪った三振に手応え
 最速151キロの今秋ドラフト候補・菊地吏玖投手(新4年=札幌大谷)が13日、埼玉・戸田市のヤクルト戸田球場で行われたプロアマ交流戦のヤクルト2軍との試合に先発し、3回2失点だった。

ベストピッチに挙げたのは、1回1死2塁のピンチで、3番・坂口から奪った空振りの三振。1500本以上の安打を記録するプロ20年目の大ベテランに対し、カウント3―2からインハイに146キロの直球を投げ込むと、バットは空を切った。「高めに伸びるボールが自分の持ち味。強い真っすぐを投げることだけを考えていました」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント