日大の151キロ右腕・杉本幸基投手に3球団注目、巨人スカウト「球に力がある」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

東都リーグのプレーオフで日本大の杉本幸基投手がリリーフで登板し、力強い球を投げ込んだ。この試合には3球団のスカウトが視察し、巨人のスカウトが評価している。

スポンサーリンク

151キロ右腕

杉本幸基投手は大垣日大出身で、最速151キロの速球を投げる投手としてプロも注目している。

昨年まで主にリリーフとして登板しており、今年はドラフト候補として先発、またはリリーフの柱の活躍が期待されていたが、亜細亜大戦では3回1/3を投げて1安打2奪三振無失点の投球も見せていたが、全体的にやや調子が良くなく、4試合の登板に終わっていた。

この日はプレーオフの2日目、敗れれば最下位が決定する試合で、6回に勝ち越しを許しさらに2アウト1、2塁のピンチで登板すると、これを抑えた。7回にチームが逆転してから、必死の攻撃を仕掛ける中央大にピンチを背負ったが、9回にはバントを3球ファウルさせ、最後は三振にしとめて無失点に抑えるなど、3回1/3を投げて1安打1奪三振無失点に抑えた。

この日は3球団のスカウトが視察し、巨人の脇谷スカウトは「調子が上がってきているようで、球に力がある」と話した。

力のある球が非常に魅力があるが、甘いところに痛打されることがある投手だが、さらに力を増したストレートでその球でも打ち取れるような投手になるかもしれない。まだ成長を期待したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

プロ注目杉本好救援、Gスカウトも評価 ー サンケイスポーツ紙面

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント