大商大・上田大河投手が152キロ、ロングリリーフでタイブレークも無失点に中日スカウト「来年の目玉」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大商大がタイブレークの末に富士大に勝利、6回途中から登板した3年生の上田大河投手が152キロを記録し、視察した多くのスカウトに「来年の目玉になる」と印象付けた。

スポンサーリンク

152キロ

大商大は今年のドラフト候補左腕・伊原陵人投手が登板し、富士大のドラフト上位候補・金村尚真投手と投げ合い、4回まで0−0の投球を見せた。

5回にソロホームランを浴びると、さらに2アウト1、2塁のピンチとなり、3年生の上田大河投手が登板する。伊原投手とは違ったタイプの本格派右腕は、まず146キロのストレートで空振り三振を奪ってこのピンチを抑えると、7回には2アウトから自己最速を更新する152キロを記録、スタンドからどよめきが起こった。

9回まで2安打に抑えて延長に突入すると、タイブレークの10回表は味方の得点は1点のみ、しかし、その裏を3人で打ち取り無失点に抑え込んだ。堂々たる投球で富士大という難敵からチームを勝利に導いた。

常時150キロ前後を記録し、変化球もスプリットを中心に色々な球を織り交ぜ、腕もしっかりとふれる。視察した中日の山本スカウトは「あれだけの数字が出て、力のあるボールが投げられる。目玉になる投手」と評価した。

もし、今年のドラフト候補だったら、1位指名で何球団かが重複するくらいだったと思う。来年は佐々木麟太郎選手、細野晴希投手、前田悠伍投手などがいる中で、ドラフト1位指名は非常に有力だと思う。

2023年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2022大学野球選手権】1日目の対戦カードと注目選手一覧
本日開幕する大学野球選手権、1日目は神宮球場の3試合が雨天延期となり、東京ドームの4試合が行われます。対戦カードと注目選手です。
大商大、5大会連続初戦突破 来秋ドラフト候補・上田が自己新152キロ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 開幕し、1回戦4試合が行われた。大商大は富士大に逆転勝ちし、5大会連続で初戦を突破した。5回途中から2番手登板した来秋ドラフト候補の上田大河(3年)が延長10回まで無失点救援。自己最速更新の152キロを計測する力投で、今秋ドラフト候補の金村尚真(4年)に投げ勝った。また、近大は和歌山大を破って13年ぶりに初戦突破。松...

中日・山本将道スカウトは「あれだけの数字が出て、力のあるボールが投げられる。目玉になる投手」と早くも来秋ドラフト1位候補に挙げた。

大商大が2年連続初戦突破 プロ注目の上田大河は自己最速を更新152キロ/大学野球選手権 - アマ野球 : 日刊スポーツ
大商大(関西6大学)が延長10回のタイブレークを制し、2年連続の初戦突破だ。延長10回は無死一、二塁の状況から開始。犠打で1死二、三塁とし、福島大輝外野手(2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大商大・上田大河、来秋ドラフト候補の3年生が自己最速152キロ 目標全国制覇へ「勝利に導く」
 大学日本一決定戦が開幕した。神宮の3試合は雨天順延。東京Dで4試合が行われ、大商大(関西六大学)が延長10回タイブレークの末に富士大(北東北大学)を破った。来秋ドラフト候補に挙がる右腕・上田大河(3

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント