中央大・北村恵吾主将が初回に2ラン、楽天スカウト「チャンスに強い」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東都リーグ1部2部入れ替え戦の2回戦が行われ、中央大が東洋大に13−7で勝利し1勝1敗とした。主将の北村恵吾選手が初回に2ランホームランを放った。

スポンサーリンク

気を吐く主将

東都リーグ1部では序盤は順調に滑り出したものの、終盤に勝ちきれずに4位で3大学が並び、激しい三つ巴で敗れ最下位となった中央大、入れ替え戦初日も東洋大の155キロ左腕・細野晴希投手に、ある意味予想通りに抑えられて星を落とし跡がなくなった。

主将としてこれだけ苦しいことはない。それでも下を向いている時間は無く、北村恵吾選手はこの日は頭を五厘刈りにして必勝を誓って出場した。「後悔したくなかったので。最後に出来ることは気合のある行動。自分1人で頭を丸めました」と話す。

気迫が結果につながった。初回、4番・森下翔太選手の二塁打で1−1の同点に追いつくと、5番の北村選手がレフトスタンドに勝ち越しの2ランホームランを放った。「打った瞬間いったと思いました」と会心のあたりだった。その後も打席で気迫を感じさせた北村選手は3安打3打点の活躍でチームの勝利を呼び込んだ。

強打の内野手として近江高時代からプロが注目しているが、主将としてのプレッシャーもありながら春季リーグでは打率.317、1本塁打、7打点を記録した。侍ジャパン大学代表選考合宿でも、代表よりもチームのことを考えているようで伸び伸びとアピールとは行かず、代表選考に漏れた。それでもこの日視察した東北楽天の部坂スカウトは「粘り強い打撃ができる。チャンスにも強い」と評価した。

今は一つのことしか見えないだろう。この戦いが終わり、その髪が再び伸びた頃に冷静にその先を見つめて、どのような答えを出すのか注目したい。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
中大・北村恵吾V弾で1勝1敗に「最後に出来ることは気合のある行動」初戦落とし自ら五厘刈り - アマ野球 : 日刊スポーツ
中大(1部6位)が東洋大(2部1位)との打ち合いを制し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。同点に追い付いた1回2死二塁、北村恵吾主将(4年=近江)が勝ち越し2ランを… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

▽楽天部坂スカウト(北村の打撃に) 粘り強い打撃が出来る。チャンスにも強い。

丸刈り効果?中大が大勝しタイに 北村主将「言葉とかじゃなく姿勢で示そうと」 東都入れ替え戦 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 初戦を落とし、後がなくなった中大に異様な光景が展開された。北村主将(4年=近江)ら主力上級生の頭が青白く光っているのだ。侍JAPAN大学日本代表に選出された森下(4年=東海大相模)の頭髪も短い。
【大学野球】中大が1勝1敗のタイに 主将の北村恵吾が打線に火をつける2ラン
 1部6位の中大が2部1位の東洋大に打ち勝ち、1勝1敗のタイに持ち込んだ。前半から打線が爆発。1―1の1回裏に主将で5番の北村恵吾一塁手(4年=近江)が勝ち越し2ランを放つと、3回には一挙5得点。4回
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント