日大・友田佑卓捕手がプロ志望表明、九州学院&日大の先輩を追う

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

日本大学が12月23日に年内最後の練習を行い、侍ジャパン大学代表候補合宿にも参加した友田佑卓捕手が来年に向け、「プロ志望です」とドラフト会議での指名を目指す決意を示した。

スポンサーリンク

侍ジャパン大学代表候補

友田佑卓選手はこの日、「プロ志望です。もともと目指していた場所なので、変えたことはないです」と話し、プロ野球入りを目指すことを明らかにした。

友田選手は小学校3年まで相撲をしており、小2のときに九州大会3位まで勝ち上がった実績がある。その後、野球を始めると九州学院では、村上宗隆選手の2つ下でプレーした。また日大では赤星優志投手(2021年巨人ドラフト3位)とバッテリーを組み、昨年にチームを2部から1部へと引き上げる活躍を見せた。

12月には侍ジャパン大学代表候補合宿に参加、肩の強さではプロを含めても肩の強さに定評のある上武大の進藤勇也捕手よりは二塁送球の速さは無いものの、取ってからなげるところの素早さなどで、二塁への到達は進藤選手と同じくらいのタイムを出す。

高校、大学で一緒にプレーした先輩がプロの舞台で活躍をしている。友田選手も「3割は打ちたい。捕手としては盗塁阻止率を上げていきたい」と来年更に成長をし、同じ舞台へと上がりたい。

2023年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日本大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】 日大・友田佑卓がプロ志望宣言「もともと目指してきた場所」 昨年は巨人・赤星優志とバッテリー
 東都大学リーグの日大は23日、千葉・習志野市の同校グラウンドで今年最後の練習を終えた。来秋ドラフト候補の新主将・友田佑卓捕手(3年=九州学院)がプロ志望を宣言。友田は「プロ志望です。もともと目指して
来年ドラフト候補、日大・友田佑卓が自慢の四股披露、体の強さアピール「盗塁阻止率は負けない」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
片足ずつ、高く足を上げる四股を披露しても、体は少しもブレない。来年のドラフト候補に挙がる日大の友田佑卓捕手(3年=九州学院)は23日、千葉・習志野市内のグラウ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
日大・友田佑卓捕手がプロ志望表明「目指してきた場所」 九州学院の後輩・村上弟との共闘誓う - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの日大が23日、同校で行われた練習を公開し、大学日本代表候補の捕手・友田佑卓捕手(3年)が来年のドラフトに向けてプロ志望を表明した。
日大・友田 プロ志望明言「ずっと目指していた場所」 相撲で鍛えた足腰生かす/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグの日大が23日、習志野市内の同大学グラウンドで年内の活動を終えた。新主将の友田佑卓捕手(3年・九州学院)は「ずっと目指していた場所。変えたことはない」とプロ志望を明言した。 相撲で鍛えた足腰を武器にアピールする。小学3年まで父の指導方針で相撲をしており、2年時には九州大会に出場。現日大相撲部主将の草...
日大・友田新主将が相撲パワーで日本一へけん引【東都大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球の日大は23日、千葉県習志野市のグラウンドで今年最後の練習を行った。新主将になった友田佑卓捕手(3年・九州学院)は「プロは...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント