早稲田大の145キロ右腕・加藤孝太郎投手と熊田任洋選手がプロ志望

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

早稲田大が今年の練習を開始し、145キロ右腕の加藤孝太郎投手と強打の内野手・熊田任洋選手がプロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

プロ志望

加藤孝太郎投手は下妻一時代に134キロの投手だったが、大学で身長が3cm、体重も15kg増えて179cm77kgになると、球速も145キロを記録した。小宮山監督によって試合で経験を積んでいくと、昨年秋は最優秀防御率のタイトルを獲得し、成長を見せている。

その加藤投手は「やるからにはプロ野球を目指してやっていこうと思います。春のリーグ戦が重要になってくると思っています」と話し、プロ志望を表明した。理想の投手として福岡ソフトバンクの東浜投手を挙げ、「低めを丁寧に、左右関係なくコーナーに投げられる。自分の目指すべき投手です。平均の球速を140キロ中盤ぐらいに持っていきたい。最速も140キロ後半は欲しいなと思います」と、目標としていくとした。まずは球速を140キロ後半に持ってゆき、その中で今のコントロールを駆使した投球を見せたい。

また、侍ジャパン大学代表候補合宿に参加した熊田任洋内野手もプロ志望を表明、「プロに行くなら即戦力でいく。それも春次第だと思ってます」と話した。

東邦高校時代に石川昂弥と共にセンバツで優勝し、ドラフト候補として注目された。早稲田大では打撃で苦しんだものの、昨年秋は打率.342、3本塁打を放って開花し、候補合宿にも参加した。

高校時代は4番ショートだった。大学ではセカンドでプレーすることが多かったが、今年からは再びショートに転向する。強打の遊撃手はプロも求めるところで、昨秋の打撃をこの春も続けたい。

2023年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】早大・加藤孝太郎がプロ志望を明言 県立進学校時代から球速11キロ増の理由とは
 東京六大学野球リーグの早大が5日、東京・西東京市東伏見の早大安部球場で今年初の練習を行った。昨秋、最優秀防御率のタイトルに輝いた加藤孝太郎(3年)がプロ志望を明言した。「やるからにはプロ野球を目指し
早大・加藤がプロ志望表明、5季ぶり優勝へ球速アップが目標「5勝したい」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の早大は5日、東京都西東京市の安部球場で5シーズンぶりの優勝に向けて今年初の全体練習を行った。昨年エースとして春秋合わせ...
早大・熊田任洋内野手がプロ志望表明「行くなら即戦力で」 愛知・東邦高では中日・石川昂弥とセンバツ制覇:中日スポーツ・東京中日スポーツ
来春のセンバツ出場を確実にしている愛知・東邦高のOB戦が29日、愛知県東郷町の同校グラウンドで行われ、早大の熊田任洋(とうよう)内野手...
早大・加藤孝太郎がプロ志望明言「やるからにはプロ目指す」進学校出身の145キロ右腕/デイリースポーツ online
 東京六大学野球リーグの早大が5日、西東京市の同大学グラウンドで始動した。昨秋に最優秀防御率を獲得した加藤孝太郎投手(3年・下妻一)がプロ志望を明言。偏差値62の進学校出身右腕が「やるからにはプロを目指してやっていく」と夢のNPB入りを目指す。 身長179センチ、77キロの最速145キロ右腕。幼少期からヤクルトファンだ...
早大のプロ注目内野手・熊田 二塁から遊撃再転向で春季L優勝と打率4割目指す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学野球リーグの早大が、西東京市内のグラウンドで始動した。
早大が練習始め 最優秀防御率の右腕・加藤孝太郎がプロ志望公表/東京六大学
東京六大学野球の早大は5日、西東京市の早大安部球場で今年の練習を開始し、昨秋リーグ戦で最優秀防御率のタイトルを手にした右腕・加藤孝太郎投手(3年、下妻一高)がプ…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント