日大・林拓馬選手「結果を残して必ずプロへ」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

日大の俊足強打の外野手・林拓馬選手が、「結果を残して必ずプロへ行く」と強いプロ志望と決意を語った。

スポンサーリンク

高校時は悩んだ末に大学進学

林拓馬選手は176cmの左打ちの外野手で、50m5.9秒の俊足を誇る。大垣日大時代には高校通算23本塁打を放ち、長打力も併せ持つ選手。練習試合で対戦した星稜の奥川恭伸からホームランを放って注目された。

「悩んだが、もっと実力を磨きたかった」とプロも注目したが、大学進学を決めて日大に進むと、1年からリーグ戦に出場している。2年時には入れ替え戦で対戦した東洋大の細野投手からホームランを放ち、「プロに行くような投手からここぞで打ってきたのは自信になっている」と話す。

それにより1部に昇格を果たすと、昨秋は打率.302を記録し、今春は3試合で12打数4安打を記録している。「昨秋から何かつかんだ気がする。打撃でもボール球に手を出さなくなり必然的に打率も上がっている」と昨年から打撃が急成長している。

今年は「結果を残して必ずプロに行く」と強い決意を示す。「本塁打がたくさん打てるバッターではないので、足も生かしたプレーでアピールできれば」と走塁に力を入れ、この春は5盗塁以上を目指す。

この1年間でプロ入りまでたどり着くには、高い打率と盗塁数を圧倒的に残したい。1試合でプロのスカウトが鋭く反応するような活躍を毎試合見せたい。

2023年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【スポニチスカウト部(10)】日大・林拓馬 俊足功打武器に集大成の春 “好投手撃ち”得意 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋のドラフト候補となる選手にスポットを当てる「スポニチスカウト部」。アマチュア担当記者の独自目線による能力分析とともに選手たちの素顔を紹介する。第10回は日大の林拓馬外野手(21)。俊足巧打の外野手が大学野球の集大成となる結果を残しプロの世界へ飛び込んでみせる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント