安田尚憲選手が2試合連続3本目、スカウト評価上昇

高校野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 侍ジャパン

日大と対戦した侍ジャパンU18代表、5番サードで出場した安田尚憲選手は、6回1アウトの場面で防球ネット上段に突き刺さる高校通算65号ホームランを放った。

2試合で3本

この日は最速144キロの日大・植谷翔磨投手から、ライトへの特大の当たりを見せた。これで昨日の2本に続き、2試合連続3本目のホームラン、清宮、中村が注目される中で、安田選手の評価も高まっている。

千葉ロッテの山森スカウトは「足が突っ張らなくなって格段に良くなった」と評価し、阪神畑山スカウト統括補佐も「清宮、安田、中村。3人とも素晴らしいの一言」と、3人を並べて評価をしている。その他、巨人・福王スカウト、千葉ロッテ・永野チーフスカウトも清宮選手、中村選手と並ぶ評価を示した。

通算本塁打では清宮選手、夏の甲子園では中村選手の独壇場となったが、大阪大会でも抜群の打撃成績を見せていた安田選手、U18は安田選手の舞台になるかもしれない。

侍ジャパンU18日本代表選手決定!

清宮、中村とともに今秋のドラフト候補に挙げられる安田尚憲内野手(履正社3年)は「5番・三塁」で先発出場。六回一死から2試合連続本塁打となるソロを右翼防球ネットに突き刺し「打ったのは真っすぐ。2試合続けて打てたのはよかった」と笑顔を見せた。清原和博(大阪・PL学園)を抜く高校通算65号となり「試合数とかが違うけど超えられてうれしい」と喜んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント