侍ジャパンU18代表、川端健斗投手がアメリカから15奪三振も4失点で敗れる

川端健斗, 田浦文丸, 磯村峻平

侍ジャパンU18代表は一次ラウンドのアメリカ戦で、期待された強力打線がわずか2安打に抑えられ0-4で敗れた。川端健斗投手が6回途中まで15三振を奪ったが4点を失った。

打線沈黙

来年のMLBドラフト候補が揃うアメリカ代表は、マーソー投手が先発し1回を投げて無失点もこの1イニングだけで降板、2番手のウェザーズ投手が7イニングを投げ1安打8奪三振、リリーフのギン投手も1回2奪三振で無失点と、侍ジャパンの期待された強力打線は150キロを記録する3投手の前にわずか2安打に抑えられた。

ヒットを打ったのは1番の藤原恭大選手と9番の小園海斗選手の2年生コンビの2本だけ、この日、クリーンナップを打った安田尚憲選手、清宮幸太郎選手、井上大成選手はノーヒットに抑えられた。

清宮選手試合後、「ストライクゾーンの見極めができなかった。」と話し、球速が早く球が動く空いて投手や、審判の判定に苦戦、「前より全然強い」と1年時に出場した前回のアメリカ代表よりも強いと話した。

視察をしていた北海道日本ハムの大渕スカウト部長は「初めての投手で、木製のバット。左で150キロ出るのにあれだけの投球をされたら無理でしょう」と話した。

投手は3人で23奪三振

投手陣は良い所も見せた。先発した川端健斗投手は2回に2ランホームランを浴びると、5回、6回に追加点を奪われ5回2/3を投げて6安打4失点、しかしストレートの伸びが良く、アメリカ打線をバッターも差し込まれて15個の三振を奪った。

また6回途中から登板した同じ秀岳館の田浦文丸投手も2回1/3を投げて1安打5奪三振と素晴らしい投球を見せた。9回には磯村峻平投手が登板し1回を3奪三振、3投手合計で27アウト中で23三振を奪って見せた。

野球は三振を奪うゲームではないが、投手陣はメジャー予備軍のアメリカ打線にインパクトを残した。

1右 藤原恭大  4-1 0打点
2中 丸山和郁  1-0 0打点 1四球
 打中伊藤康祐  1-0 0打点
3三 安田尚憲  2-0 0打点 2四球
4一 清宮幸太郎 4-0 0打点
5指 井上大成  4-0 0打点
6左 増田珠   3-0 0打点
7捕 中村奨成  2-0 0打点
 捕 古賀悠斗  1-0 0打点
8二 西巻賢二  2-0 0打点
 走 鯨井祥敬  0-0
9遊 小園海斗  3-1 0打点

川端健斗 5回2/3 6安打15奪三振 6四球 4失点
田浦文丸 2回1/3 1安打 5奪三振 0四球 0失点
磯村峻平 1回    1安打 3奪三振 1四球 0失点

侍ジャパンU18日本代表選手


PAGE TOP