日刊スポーツのピカイチ選手特集、今日は1年生編

井上朋也, 細川凌平, 栗田勇雅, 加藤響, 寺西成騎, 内山壮真, 荻原吟哉, 印出太一, 石川慧亮, 沢石淳平, 加田拓哉, 小松涼馬, 山城航太郎, 三田智也

日刊スポーツのピカイチ選手特集、この日は注目の1年生が紹介されており、石川・星稜高校は中学時代に侍ジャパンで活躍した3人が加わり、センバツベスト8の強豪がますます層が厚くなっている。

星稜に逸材

星稜高校は内山壮真選手、寺西成騎投手、荻原吟哉投手の3人が入学した。ともに昨年はU15代表として、静岡で行われたアジア選手権で優勝をしている。

内山選手は172cmの強肩遊撃手で、アジア選手権では5試合で2本のホームランを放つなどベストナインに選ばれている。萩原投手は軟式で136キロを記録し、高校では公式ですでに139キロを記録している。この二人は星稜中で2度の日本一を経験している。

また、寺西投手は根上中出身で、186cmから軟式で141キロを記録した。高校入学後は公式で最速138キロを記録している。TV番組では福留選手から三振を奪って話題となった。

既に、内山選手は春の県大会で1番ショートで出場し、寺西投手は北信越大会準々決勝で先発し5回2安打無失点、荻原投手もその試合で寺西投手をリリーフし、2回ノーヒット無失点に抑えている。

星陵は2年生・奥川恭伸投手が最速147キロを投げ、来年のドラフト1位候補として注目される他、共に中学時代に日本一バッテリーとなった山瀬慎之助捕手も遠投120mの強肩捕手。3年生の竹谷理央投手も力があり、この春のセンバツではベスト8に進出している。各世代を代表するような選手が集まり、星稜は今年の大阪桐蔭のようなチームになっていくかもしれない。

注目1年生

日刊スポーツの特集では他にも、10人の選手が紹介されている。

智弁学園・三田智也内野手
 春の県大会から主にショートでスタメンで出場し、近畿大会の大阪桐蔭戦では代打で登場するとセンター前ヒットを打った。

山梨学院・栗田勇雅捕手
 入学すると直後には背番号2を背負いスタメンマスクを被る。関東大会の日大三戦では2ランホームランを放ち、4打数2安打2打点の活躍を見せた。

東海大相模・加藤響内野手
 関東大会の花咲徳栄戦で7番ショートでデビューし、2安打1打点、常総学院戦でも2安打を記録した。

中京大中京・印出太一内野手
 183cm81kgの体があり、愛知招待試合の大阪桐蔭戦では、プロ注目の横川凱投手、柿木蓮投手から合わせて3安打を打った。

福岡大大濠・山城航太郎選手
 U15代表でアジア選手権ではサードで2試合、投手で1試合に出場。二刀流として目標は高い。

花咲徳栄・井上朋也選手
 すでにここまで9本塁打を放ち、ポスト野村の呼び声高い。横浜高校の及川雅貴投手からもホームラン。

青藍泰斗・石川慧亮選手
 兄・石川翔投手を追い入学、外野手として4月上旬から練習試合で出場しており、逆方向へのホームランなど高い素質を見せる。

智弁和歌山・細川凌平選手
 センバツ準優勝のチームに、春の県大会から1番センターで出場して優勝に貢献した。「プロに行きたいという目標がある」と話す。

また、帝京高校は179cmの大型遊撃手・沢石淳平選手と、抜群の身体能力を持つ小松涼馬選手が1年生で二遊間を組む可能性が高い。パワーのある加田拓哉選手もベンチ入りが決まった。

掲載されている選手以外では、横浜高校の松本隆之介投手が、186cmの左腕ですでに145キロを記録しており、先輩・及川投手を越える左腕投手になるかもしれない。また、東海大相模の西川僚祐選手は佐倉シニア時代の東京ドームでのホームランが印象的で、先日も大阪桐蔭戦で2試合8打数3安打2打点の活躍を見せている。

苫小牧中央の根本悠楓選手、日本文理の長谷川優也選手、日本航空石川の嘉手苅浩太選手、世代NO.1投手と評価される大阪桐蔭の仲三河優太投手など、注目の1年生がこの夏にどんなプレーを見せるか注目したい。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト

内山は捕手として出場したアジア選手権でベストナイン、5試合2発で本塁打王に輝いた。高校デビュー戦は春の県大会2回戦。「1番遊撃」で先発し、初打席初球で右前打を放った。「ラッキーなヒットでした」と照れるが、野球以外の運動神経も抜群。父の影響で始めた空手で、小学生の時に富山県大会を制覇したこともある。


PAGE TOP