東海大相模も1年生3,4番活躍、2年生の遠藤成選手も本塁打

東海大相模, 西川僚祐, 遠藤成, 山村崇嘉

秋季高校野球神奈川大会では、東海大相模も3,4番に1年生が座り、3回戦を突破した。

1年生3,4番

大阪桐蔭が新チームで1年生が3,4番に入り勝利をしたが、東海大相模も期待の1年生が3,4番に座った。夏の神奈川大会で場外ホームランを放って注目された西川僚祐選手はこの日3番に入ると、初回ノーアウト1,2塁の場面で犠牲フライでランナーを進め、そして4番には中学で日本代表を経験している山村崇嘉選手が入ると、犠牲フライで打ち上げて1点を奪った。満足する内容ではなかったものの、右の大砲西川選手と左の大砲・山村選手は打席での迫力が十分で、大阪桐蔭など全国の強豪と渡り合っていく事になりそうだ。

4回には新チームの1番に入った遠藤成選手が2ランホームランを放った。タイミングの取りづらい投手でしたが、自分の間で打てた」と話し、山北高校に8-0で7回コールド勝利した。

遠藤選手は秋田県出身で、父は金足農出身。父の母校はこの夏に盛り上がっていたが、遠藤選手は神奈川大会前に練習試合で右手首を骨折して、出場できず悔しい思いをした。「吉田投手は地元でも有名だった。自分もこのままでは終わるのは悔しい。」と話し「打倒横浜で、もう1回センバツに出たい。根尾選手を超えられるようなデカイ選手になりたい」と、来年のセンバツ大会出場と根尾昂選手越えを目標にした。

勝ち上がれば準々決勝で横浜高校と対戦する。

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

公式戦3本目のアーチを放った遠藤は「タイミングの取りづらい投手でしたが、自分の間で打てた」と笑顔を見せた。投手としても試合に出ていたが、今夏は一次登録の後、練習試合で右手首を骨折。ベンチ入りを外れた。秋田出身で、父成人さんは今夏甲子園準Vの金足農野球部出身だ。「(金足農)吉田(輝星)投手は地元でも有名だった。自分もこのままでは終わるのは悔しい。『打倒横浜』で、もう1回センバツに出たい。(大阪桐蔭の)根尾選手を超えられるようなデカイ選手になりたい」と、今夏準決勝敗退の雪辱を誓った。

一回無死一、二塁から、夏の大会で場外弾を放った3番・西川僚祐外野手(1年)が左犠飛、中学時代に日本代表に選ばれた4番・山村崇嘉内野手(1年)が中犠飛を放ち、「スーパー1年生コンビ」で先行した。

秋田出身の遠藤は、父・成人さんが金足農野球部OB。「悔しさもあった。センバツに出て(金足農を)上回りたい」と夏の甲子園が発奮材料だ。順調にいけば準々決勝で横浜と激突する。「束になってかからないと」と表情を引き締めた。


PAGE TOP