中京大中京・畔柳亨丞投手が復活の150キロ、12球団30人スカウトが視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

東海大相模を招待して行われた愛知高野連招待試合、この日は中京大中京vs東海大相模の試合が行われ、中京大中京の151キロ右腕・畔柳亨丞投手と東海大相模のエース・石田隼都投手がそれぞれ3回を投げ無失点に抑えた。12球団30人のスカウトが視察し、畔柳投手を評価した。

スポンサーリンク

150キロ

センバツで2試合に完封したが、準決勝で右腕に違和感を訴えて降板していた畔柳亨丞投手、その後は約40日間に渡りノースローをつづけ、最近になり実戦で2度登板した後のこの日の登板だった。

注目の初回、先頭バッターの大塚瑠晏選手を内野ゴロに打ち取ると、2アウト後に3番の門馬功選手に対し、インコースに150キロの速球を投げ込んだ。最後の球も150キロを記録し、四球となったものの場内を沸かせた。

その後も149キロなど140キロ台後半を連発し、ストレートの平均球速は147キロだった。カーブなどの変化球も交えて3回をノーヒットノーランに抑えた。「センバツ優勝の東海大相模さんにどれだけストレートが通用するか試した。150という数字は自分の中で調子のバロメーターでストレートは今日は合格」と納得の投球だった。

スカウト絶賛

この日は12球団30人のスカウトが視察に訪れ、10球団はスカウト部長、チーフ級が視察、中日は最多の5人態勢で視察した。

中日・米村アマスカウトチーフ:「球速も出ていたし、センバツで見た時のイメージ通り。三振も取れたし、強い球がいって一安心。投げてくれたことを確認できればいい。順調で良かったです」

広島・松本スカウト:「順調に回復している。強くて重さのある球で、気持ちを前に出して投げるタイプ。上位候補ですよね。」

オリックス・下山スカウト:「しっかりスピンの利いた球を投げていた。空振りも取れますし、やっぱり魅力がある。順調に来ている。問題ない。」

阪神・筒井スカウト:「能力はいいモノを持っている。こういう舞台でしっかり投げる。しっかりと投げられるのを確認できました。」

福岡ソフトバンク・永井編成育成本部長兼スカウト部長:「心配してません。力んだ場面もありましたが力めるのは肘の不安がほぼないということ。故障明けでこれくらい見られたら十分。」

ロッテ・榎チーフスカウト「もともと力強いストレートを投げられる。いいものを見させてもらえました」

すでに評価は高いところで固まっており、後は故障が心配というところだったが、スカウトも一安心というところだろう。市和歌山・小園健太投手、高知・森木大智投手、明桜の風間球打投手をBIG3と評価するが、畔柳投手、そして天理の達孝太投手も加わりBIG5として秋を迎えるかもしれない。

石田投手も3回無失点

センバツで優勝した東海大相模のエース・石田隼都投手も力を見せた。最速は141キロだったが、「自分はスピードは出ないので、自分にできることをやろうと」と、横からの角度のあるストレートを制球良く投げ込み、3回を1安打無失点に抑え、畔柳投手と投げあった。

2021年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

▽広島松本スカウトの話 順調に回復している。強くて重さのある球で、気持ちを前に出して投げるタイプ。上位候補ですよね。

▽オリックス下山スカウトの話 しっかりスピンの利いた球を投げていた。空振りも取れますし、やっぱり魅力がある。順調に来ている。問題ない。

▽阪神筒井スカウトの話 能力はいいモノを持っている。こういう舞台でしっかり投げる。しっかりと投げられるのを確認できました。

▽ソフトバンク永井編成育成本部本部長兼スカウト部部長の話 心配してません。力んだ場面もありましたが力めるのは肘の不安がほぼないということ。故障明けでこれくらい見られたら十分。

「MAXよりアベレージを上げていけ」。1年先輩の中日ドラフト1位、高橋宏の在学中に、球速についてアドバイスされたことがある。今春のノースロー期間は筋力トレーニングに力を入れ、この日のストレートは平均で約147キロ。けがをプラスに変えて、さらにスケールアップした。
 この日集まったスカウトは12球団28人。10球団はスカウト部長、チーフ級まで駆けつけた。最多5人態勢の中日・米村チーフスカウトは「球速も出ていたし、センバツで見た時のイメージ通り。順調で良かった」と地元の逸材に目を細めた。

先にマウンドへ上がった畔柳がいきなり沸かせた。「自分の中でどれだけストレートが通用するのか」をテーマに掲げ、初回から球場表示で自己最速にあと1キロと迫る150キロを2球計測。無安打で3三振を奪うなど今春センバツでアクシデントの影響から降板した不安を払しょくする投球に、視察したロッテ・榎チーフスカウトも「もともと力強いストレートを投げられる。いいものを見させてもらえました」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント