145キロ左腕、玉野商工の長谷川康生投手がプロ志望を表明

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

最速145キロを記録する左腕として注目される玉野商工・長谷川康生投手が、プロ志望届を提出することを明らかにした。

スポンサーリンク

1年時から注目

長谷川康生投手は、小学生の時に阪神タイガーズジュニアに選ばれ、中学時もヤングリーグの全国大会で2度の優勝をし、多くの強豪校から誘いを受けていが、父の恩師である角田監督が指揮を執る玉野商工に進学をした。

その力は1年時から発揮された。1年夏の岡山大会でノーヒットノーランを達成すると、1年秋から背番号1を付け、2年秋には145キロを記録、プロも注目する投手となった。

今大会もエースとして140キロを超すような球を見せれば、変化球とコンビネーションで粘りの投球を見せていた。この日も競合・関西を相手に8回で9安打を許したものの4失点と粘った。

試合は3-4で1点差で敗れた。「気持ちで負けた。大事な場面で甘く入って一本打たれた。自分のせいで負けた。悔しいのが一番」と話した。

それでも「ここに来たのは間違いじゃなかった。精神面でも成長できた」と話し、3年間を振り返った。今後についてはプロ志望届を提出することを明らかにし、「チームを勝たせられる投手になりたい」と話した。

今大会でプロのスカウトの視察情報や評価のコメントというものはないが、全力で投げたという球はそれほど無く、エースとして役割を果たす投球をしていたと思う。球の力、ポテンシャルは十分感じられた。

今後、練習などでスカウトが足を運び、そこで、さらに成長した投球などを見てスカウトが驚き、ドラフト会議で指名される可能性もありそうだ。

2021年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岡山大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球岡山大会、ドラフト上位候補の目玉クラスの選手はいないが、将来的にプロ野球に進んで行きそうな素質ある選手が多い印象。球速が速く出るマスカット球場の影響もあってか、140キロを記録する投手が多く、考慮する必要はあるかもしれない。しか...

「ここに来たのは間違いじゃなかった。精神面でも成長できた」

 今後に関してはプロ志望届を提出することを明言。「チームを勝たせられる投手になりたい」と理想を掲げ、次のステージに向かう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント