白鴎大足利の143キロ右腕・中沢匠磨投手がプロ志望、監督と相談して決める

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球栃木大会では、文星芸大付vs白鴎大足利の試合が行われ、文星芸大付が5-0で勝利した。敗れた白鴎大足利の143キロ右腕・中沢匠磨投手は、プロ志望を明らかにした。

スポンサーリンク

延長10回に登板も

中沢匠磨投手は182cmの本格派右腕投手。最速143キロの速球を投げ、昨年秋に右肘を痛めていた。今年春の栃木大会で復活登板を見せ、巨人のスカウトなどが注目をしていた。

この日は0-0で迎えた延長10回1アウト2塁のピンチで2番手として登板をしたものの、4安打で4失点した。「目に見えない圧力を感じました。力が足りなかった」と話した。

試合後にはプロ志望の意思があることを明らかにし、「この後、監督と話をします」と話した。素質が高く評価される中沢投手、まずは進路の決断が注目される。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・栃木大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C
夏の高校野球栃木大会、例年、140キロ中盤の速球を記録する投手や、プロ注目の野手が出てくる栃木県だが、今年はやや少ない印象でドラフト注目度はC。

文星芸大付打線について「目に見えない圧力を感じました。力が足りなかった」と話した。進路については、プロ志望を明かしつつ「この後、監督と話をします」とした。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント