市岐阜商の146キロ右腕・高橋知亜投手が甲子園にあと一歩で敗れる、大学でプロ入り目指す

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

市岐阜商で最速146キロの速球を投げる投手として注目された高橋知亜投手が、大学進学を表明した。

スポンサーリンク

8回に力尽きる

146キロの速球を投げ、キレの良い球にプロも注目をしていた高橋知亜投手、今大会も準々決勝の岐阜城北戦で完封、準決勝の大垣日大戦で1失点で完投し、決勝に進出した。

この日は、その2試合の疲労もあり先発をしなかったが、2回途中に先発投手がピンチを作るとリリーフで登板した。1点を先制されたものの、2アウト満塁のピンチで144キロの速球で追い込み、最後はレフトフライに打ち取った。

その後は6回まで抑えると、味方も5回、6回に点を奪って2-1と逆転した。しかし、強打の県岐阜商の毎回のプレッシャーに、徐々に疲れも見え始め、7回に同点に追いつかれると、8回は味方が1点を勝ち越したものの、その裏に2失点し、3-4で敗れた。

試合後に高橋投手は、「甲子園に行って名前を覚えてもらいたかった。大学で4年間鍛えてプロを目指したい。中日の柳さんのように狙って三振を取れる投手になりたい」と話す。プロ志望だが、大学でさらに成長してからプロ入りを目指す。

大学での成長と活躍を楽しみにしたい。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・岐阜大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度A
夏の高校野球岐阜大会、ドラフト上位候補のスラッガーや捕手がおり、投手も注目選手が多い。全国屈指の注目地区でドラフト注目度はA。

プロも注目する右腕は「甲子園に行って名前を覚えてもらいたかった。大学で4年間鍛えてプロを目指したい。中日の柳さんのように狙って三振を取れる投手になりたい」と、前を向いた。

3回以降は無失点に抑えて6回の勝ち越しにつなげるも、7回に同点適時打、8回には逆転2点適時打を浴び、「磨いてきた真っすぐで詰まらせることはできたのですが…。日ごろの行いが出ましたね」と苦笑い。ただ「岐阜県内で一番長い夏を過ごせました」とやり切った様子で、進路は大学に進学することを明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント