神戸国際大付2年・楠本晴紀投手に6球団が視察、巨人・千葉ロッテが評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

秋季高校野球兵庫大会では、神戸国際大付の2年生・楠本晴紀投手が甲子園以来となる登板をし、6球団のスカウトが集まった。

スポンサーリンク

186cm左腕

楠本晴紀投手は186cm89kgの大型左腕で、最速144キロの速球を投げる。神戸国際大付は今年の夏の甲子園でベスト8入りしているが、ドラフト候補だったエースの阪上翔也投手以上に安定感があり、左から迫力ある球を投げていた。

甲子園終了後にフォームの修正を行い、右手のグラブをやや抑える形にして制球力を向上させた。この日は9回を投げて6安打2失点、四球は1つのみと安定しており、球速も143キロを記録した。

この日は6球団のスカウトが集まった。

千葉ロッテ・三家スカウト:「サイズもあるし、テークバックが小さく出所が見づらいので、打者を詰まらせられている」

巨人・岸スカウト:「立ち上がりから落ち着いていて、余力を感じる。甲子園をきっかけに、精神的にも成長したように思う。制球もいい」

と評価している。

大型左腕がさらに進化して秋を戦う。この冬にどれだけ成長するのかが非常に楽しみで、来年のドラフトの目玉クラスになる可能性も十分ある。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
神戸国際大付属高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

ネット裏からは6球団のスカウトが視察。ロッテ・三家スカウトは「サイズもあるし、テークバックが小さく出所が見づらいので、打者を詰まらせられている」と特長を挙げ、巨人・岸スカウトは「立ち上がりから落ち着いていて、余力を感じる。甲子園をきっかけに、精神的にも成長したように思う。制球もいい」と評価した。

来秋ドラフト候補の神戸国際大付・楠本 フォーム修正で安定8強/デイリースポーツ online
 「秋季高校野球兵庫大会・3回戦、神戸国際大付5-2須磨翔風」(20日、明石トーカロ球場) 来秋ドラフト候補で、神戸国際大付の最速144キロ左腕・楠本晴紀投手(2年)が夏の甲子園後、公式戦初登板して9回6安打2失点で完投。阪神など6球団のスカウトが視察する前で力投し、チームを8強に導いた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント