147キロ右腕、大阪桐蔭の別所孝亮投手が4回6奪三振、5球団スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

秋季高校野球大阪大会では、大阪桐蔭が準々決勝の関大第一と対戦し、147キロ右腕の別所孝亮投手が4回2安打1失点6奪三振の投球を見せた。

スポンサーリンク

5球団が視察

この日は、ドラフト直前の土曜日で、今年の大学生や社会人のドラフト候補が各地で出場する中、来年の候補・別所孝亮投手が登板する大阪桐蔭の試合に5球団のスカウトが姿を見せた。

この日は4回を投げて2安打1失点、6つの三振を奪ったが、試合後に「自分のピッチングができませんでした。もっとテンポ良く、リズム良く低めに集めていかないと、この先勝っていけないので、しっかりと投げられるようにしないといけません」と反省のコメントをしている。

183cm85kgの立派な体があり、この日の最速は145キロを記録した。来年のドラフト候補として成長が期待されるが、西谷監督も「久しぶりで気負っていた。真っすぐの強さとスライダーがいい。経験もあるので、軸として投げてもらいたい」と期待した。

2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

大阪桐蔭が関大第一に7回コールド勝ちし、秋季近畿大会(16~31日・大津市皇子山)出場に王手をかけた。来秋ドラフト候補の最速147キロ右腕・別所孝亮(こうすけ、2年)が今大会初先発。5球団のスカウトが視察する前で、4回を2安打1失点6奪三振にまとめ、最速145キロをマークした。

大阪桐蔭が準決勝へ進出 最速147キロの本格派・別所が好投 3日の準決勝は宿敵・履正社と - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大阪桐蔭が13安打8得点の猛攻で、7回コールド勝ち。投げては、今秋初先発の右腕・別所孝亮が、4回2安打1失点と好投し、チームの準決勝進出に貢献した。
大阪桐蔭・西谷監督「軸になってもらいたい投手」期待の別所は初登板で4回1失点【高校野球大阪大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇2日 高校野球 秋季近畿地区大会大阪府予選・準々決勝 大阪桐蔭8―1関大第一(7回コールド、大阪シティ信用金庫スタジアム) 甲子園春...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント