東都リーグ1部2部入れ替え戦、千葉ロッテ1位指名の専大・菊地吏玖投手が4回3失点で降板

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

東都リーグ1部2部入れ替え戦は、1部6位の駒澤大が、2部優勝の専修大に勝利し初戦を取った。千葉ロッテがドラフト1位で指名した菊地吏玖投手が、期待に応えられなかった。

スポンサーリンク

頼りのエースが

専修大は今秋の2部リーグ戦で、エースの菊地吏玖投手が防御率0.85、4勝2敗の成績を残して優勝をし、この入れ替え戦にこぎつけた。ドラフト会議で千葉ロッテから1位指名を受け、この入れ替え戦でも頼りのエースとして1戦目の先発をした。

しかしこの日は、「どんなチームか分からない中で、様子見で入ってしまって。向かっていく気持ちが足りなかったです」と話すように、初回に1番で横浜DeNAがドラフト3位で指名した林琢真選手に粘られると、フルカウントから四球を与えてしまう。その後、林選手が盗塁を決め、味方のエラーとタイムリーヒットで先制点を与えた。

初回で32球を投げる苦しい展開、駒大が菊地投手をよく分析していた。そして4回には2ランホームランを浴び、この回で降板した。残り2戦での登板の可能性を残した形での降板だった。

この日は千葉ロッテの榎スカウト部長、担当の福沢スカウトなどが視察、その前で「本来の3~4割でした」と自己採点し、「今日は1球の失投がこういう結果を招いてしまって。短期決戦はお互いに死力を尽くして戦うので、心構えというか、いつもより強く持っていかないとのみ込まれてしまう」と反省した。

ドラフト1位指名投手が、最後となる大学野球で真価を発揮し、チームを昇格させることができるか注目したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
2022年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ロッテドラ1専大・菊地吏玖、スカウト見守る中2ラン被弾「本来の3~4割でした」入れ替え戦 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ロッテのドラフト1位、専大・菊地吏玖投手(4年=札幌大谷)は、思わず天を仰いだ。同点の4回2死二塁。駒大の8番神宮に、フルカウントからの144キロ直球が甘く入… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

東都野球リーグならではの入れ替え戦。「どんなチームか分からない中で、様子見で入ってしまって。向かっていく気持ちが足りなかったです」。心の乱れが細かな制球ミスにつながり、緊迫の試合でのみ込まれた。ネット裏ではロッテ榎スカウト部長、担当の福沢スカウトも見守り、ロッテグッズを身につけて訪れる観客もいた。そんな中でドラフト1位の真価を示しきれず「本来の3~4割でした」と自慢の直球への自己評価も厳しかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント