横浜・増田珠選手が甲子園練習、実戦形式3打席でヒット2本

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

横浜高校が甲子園練習に臨み、高校通算33本塁打を打つプロ注目の横浜・増田珠選手が甲子園に姿を見せた。

ホームラン欲を抑えて

増田珠選手は神奈川大会で4試合連発5本塁打を記録し高校通算は33本塁打、プロスカウトもドラフト上位候補として注目をしている。この日の実戦形式の打撃練習では、3打席に立ちレフト前ヒットとセンター前ヒットの2安打を記録、いずれも鋭い当たりで内野の間を抜く当たりだった。

増田選手は「今日はしっかりいい打球が打てた」と話し、「自分は打率と打点を稼がなきゃいけない選手。角度がいい時にホームランが出ればいい」とホームランを狙わずにチームの勝利に貢献する打撃をすると話した。

増田選手は昨年夏にも甲子園を経験しているが、2試合に出場しホームランは無かった。甲子園でのホームランについて聞かれると、「出ますけど」と狙えば打てる自信も見せたが、「それを抑えて勝利に貢献したい」と話した。

身長を訂正

またこの日のインタビューで増田選手は、公式なプロフィールで身長が185cmとなっていることについて、「自分の身長ですが185cmもないので」と訂正を求めた。U18代表一次候補の発表の際に185cmと誤って公表されたため、その後も185cmと紹介されるようになった。

野球選手の身長は正確でないことが多く、小さめの選手がやや大きく言う事は多いとみられる。ただ増田選手は、「清宮君が180cmで僕が185cmになっていて、恥ずかしいので今後は181cm83kgでお願いします。」と話した。

横浜の空にホームランをかっ飛ばし、ハマスタの申し子と言われる増田選手が、甲子園で大暴れを見せるか期待は高まる。

2017年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
第99回(2017)高校野球選手権大会の出場校と注目選手
2017年高校野球ドラフト番付

夢舞台に戻ってきても、増田は自分を貫いた。実戦形式の打撃練習3打席で、左前打と中前打の2安打。鋭い当たりで内野の間を抜き「今日はしっかりいい打球が打てた」と納得した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント