横浜・万波中正選手「次のことは考えられない」もプロへ

横浜高, 万波中正

金足農に逆転で敗れた横浜高校、プロ注目の万波中正選手は、「次のことは考えられない」と話し進路については明らかにしなかった。

万波選手の3年間

横浜高校入学前から注目された万波中正選手の高校野球が終わった。最後の甲子園大会は2回戦までノーヒットも、この日は金足農・吉田輝星投手から2安打を放ち意地を見せた。

山あり波ありの3年間だった。1年夏の神奈川大会でバックスクリーンに強烈なあたりを放り込み、衝撃的なデビューをした。しかし2年後の神奈川大会では決勝の東海大相模戦で5三振を喫し、バッターバックスで崩れ落ちた。

今年は夏の大会前までベンチ外だったが、直前にベンチ入りすると、神奈川大会で再び横浜スタジアムのバックスクリーンに放り込み、打率.542を記録し4番を打つまでになった。それでも甲子園では2試合でノーヒット、この日、2安打を打ち14打数2安打としたが、9回の最後の打席は吉田投手の変化球攻めに三振を喫した。

プロへ

この日の試合後に今後について聞かれると、「終わったばかりで次のことは考えられない」と話し、進路については明らかにしなかった。しかし万波選手は今年初めにはプロ志望の決断をしており、「若いうちにいろいろ経験できた。成長させてもらった」と高校3年間に感謝するとともに、「これで野球が終わりではなくて、どんな形でも甲子園の舞台に立ちたい」と話した。

今後、プロ志望届を提出し、ドラフト会議で指名を待つ。はっきりいって打撃については課題だらけ、インコース高めの球も、外角に曲がる変化球への対応もまだまだ。しかし、フリー打撃ではサク越えを連発し、素質の高さは十分に見せる。最速147キロを記録する肩もある。

万波選手を育てられるのはプロ以外ないだろう。ドラフト会議では素質を評価したチームが4位前後で指名をするのではないかと思う。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

初回に今大会10打席目で初安打を放つなど2安打したが、3試合通算では14打数2安打0打点5三振。南神奈川大会で2本塁打を含む打率5割4分2厘と打ちまくった高校通算40本塁打の主砲は本来の姿を取り戻せなかった。
今秋のドラフト候補。進路は明言しなかったが「これで野球が終わりではなくて、どんな形でも甲子園の舞台に立ちたい」。悔しさを晴らすのはプロしかない。

南神奈川大会では直前に追加登録でメンバー入りし、打率・542をマーク。スカウト評価も回復した。今後の進路は「今はまだ考えられない」としたがプロ志望届を提出する見通し。「若いうちにいろいろ経験できた。成長させてもらった」と言って高校野球に別れを告げた。

プロも注目する進路について、万波は「終わったばかりなので何とも言えない」。将来性豊かな右の大砲は、大志を抱き、次のステージに向かう。


PAGE TOP