夏の高校野球・宮城大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球宮城大会、仙台育英が140キロ台を投げる投手が8人そろうなど、史上最高クラスのチーム内のレギュラー争いを繰り広げており、注目選手が多い。しかし、他のチームにも注目の選手がおり、現時点でドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は仙台育英が優勝し、準優勝は東北高校、ベスト4に柴田と古川学園。そのうち仙台育英と柴田が東北大会を勝ち上がりセンバツ出場をしている。

春も仙台育英が優勝し、準優勝に仙台一、ベスト4に東北学院と東陵が入った。

仙台育英が夏4連覇中で5連覇の最有力となるが、柴田、古川学園、仙台一、東陵、東北学院などが波乱を起こせるか。

注目選手

仙台育英の伊藤樹投手は、球速よりも質の良い球を投げる投手という印象が強かったが、センバツで球速もある程度出すと、ここまでに最速149キロを記録して大台間近となっている。高校トップクラスの投手と比べても、そこに加えても遜色ない所まで来ている。

また仙台育英の吉野蓮選手は、スラッガーとして長打を打てるし、打率も残せる選手。ただし、投手としても147キロを記録しており、投手と野手でどちらが更に上を目指せるかを見極めるポイントに来ているかもしれない。

東北学院の伊東大夢投手は187cm88kgの体があり、最速は146キロを記録するとともに、打者としても特大のホームランを飛ばす選手で、二刀流として将来性十分。東陵の長峰颯太投手も、180cm71kgの体から最速は143キロを記録。打撃も長打力が非常に高いスラッガーとして注目される二刀流。

その他の選手

仙台育英の140キロ8人の投手のうち、把握出来ているのは中村和寛投手、松田隆之介投手、2年生左腕の古川翼投手。中村投手は186cmの上背があり145キロの速球はまだまだ発展途上だろう。松田投手もすでに140キロ後半に到達しているといい、古川投手は安定感十分の投球をする。他には1年時に素質が注目された186cm90kgの千葉倖生投手も140キロには到達しているのではないかと思う。残り二人のうち、一人は1年生左腕で速球派の田中優飛投手か。

打撃でも180cm80kgの秋山俊選手、172cm74kgの八巻真也選手、168cmの渡邉旭選手も、吉野選手の前後を固め、ホームランを打てる。センバツで活躍を見せた主将の島貫丞選手が霞むほどの好打者が並ぶ。

柴田高校はセンバツでも登板した大エースの谷木亮太投手が健在、より鋭くなったと言われる変化球で夏の頂点を目指す。村上太生輔選手は高校2年の段階で高校通算26本塁打を放っているスラッガー、ショートの守備の良い遠藤瑠祐玖選手、50m6.1秒の1番バッター・我妻秀飛選手と役者がそろう。

東北高校はノーシードとなったものの、185cm右腕の司城一冴投手や岩佐拓郎投手、鍵本大翔投手の3人は素質があり、ショートで好守備を見せる高橋直希選手も注目される。1年生のハッブス大起投手、2年生の小倉勝貴投手も大型右腕で140キロを超しており、1年生で4番を打った伊藤千浩選手も期待の選手。

古川学園は強肩強打の入駒征英捕手と、2年生で166cmながら145キロの速球を投げる三浦龍政投手のバッテリーが注目、東陵は飛距離抜群の長谷山諒選手、2年生で外野手として活躍を見せた佐々木琉斗選手も注目される。東北学院はアンダースローの小幡仁哉投手が春に仙台育英を7回1失点に抑えて苦しめ、広角に長打を打てる及川健成選手もチームの柱。

仙台商の斎賢矢投手はやや低い位置から138キロの速球と、鋭いスライダーを投げる宮城屈指の好投手。仙台城南の伊藤理壱投手も140キロの速球を投げる右腕投手で、鋭いスイングの立山創太郎選手も注目。聖和学園の小林直生投手は秋に好投を見せた投手。東北生活文化大高の桜井夢斗投手もテンポの良い投球が持ち味。仙台一の高橋大我捕手は、巧みなリードと強打を持つ選手。

2021年度以降-高校生-宮城県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント