大阪桐蔭・松尾汐恩捕手が高校通算15号本塁打、1年・前田悠伍投手が完投勝利

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

秋季高校野球大阪大会では、来年のドラフト候補として注目される大阪桐蔭の松尾汐恩選手が、高校通算15号となるホームランを放った。1年生の前田悠伍投手が1失点完投勝利を挙げた。

スポンサーリンク

2年でレギュラー

松尾汐恩選手は、今夏の甲子園でも8番捕手でスタメン出場し、松浦慶斗投手とバッテリーを組んだ。投手としても142キロを記録する強肩捕手で、50m6.2秒の足、そして近江高校戦で甲子園のバックスクリーンにホームランを放った長打力もあり、来年のドラフト候補として注目される。

この日は3-1の5回1アウトの場面で打席に入ると、レフトオーバーのホームランを放ち、高校通算15号とした。「前の打席でチャンスをつぶしたので自分で一本打ってやろうと思っていた」と話した。

またこの日は、前日に好リリーフを見せた1年生左腕の前田悠伍投手が先発すると、大商大堺を4安打7奪三振1失点、公式戦初完投勝利を挙げた。「素直にうれしい。終盤にかけてギアを上げて、自分の投球ができた」と話す。西谷監督は「まだ1年生ですけど、ただ投げるだけじゃなくピッチングができる子だと思う」と評価した。

中学時代に世界一に輝いた事もある左腕投手で、最速143キロの速球を投げる。大阪桐蔭は2年生に147キロを記録する別所孝亮投手、長身左腕の川井泰志投手と長身右腕の川原嗣貴投手など、すでに実戦を経験した投手がいるが、この秋は川井投手などが少し安定感がない所を見せており、西谷監督もこの秋は前田投手をエースとして甲子園出場を目指す事になりそうだ。

リード面でも1年生を引っ張り、松尾選手が来年のドラフト注目捕手として評価されていくことになりそうだ。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 来秋ドラフト候補の大阪桐蔭・松尾汐恩捕手(2年)が、3―1の5回1死で左越えに高校通算15号の本塁打を放った。「前の打席でチャンスをつぶしていた(2回2死二、三塁で三振)ので、1本打とう、と。素直にうれしかった」と、2安打を放つなど、攻守で8強入りに貢献した。25日に髪の毛を3ミリに短くしようとしたところ「アタッチメントを間違えた。0・5ミリにしてしまった」と顔を赤らめた。

大阪桐蔭8強 松尾が豪快弾!高校通算15号「一本打ってやろうと」/デイリースポーツ online
 「秋季高校野球大阪大会・5回戦、大阪桐蔭8-1大商大堺」(26日、大阪シティ信用金庫スタジアム) 今夏大阪王者の大阪桐蔭が12安打8得点の猛攻で大商大堺を圧倒し、8強進出を決めた。
大阪桐蔭が快勝で8強進出 松尾特大ソロ 1年生前田が1失点完投/デイリースポーツ online
 「秋季高校野球大阪大会・5回戦、大阪桐蔭8-1大商大堺」(26日、大阪シティ信用金庫スタジアム) 今夏の甲子園大会に出場した大阪桐蔭が、12安打8得点の猛攻で大商大堺に快勝し8強入りを決めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント