花巻東・佐々木麟太郎選手は無安打に封じられるも、巨人・ヤクルト・阪神・DeNAスカウト評価

高校野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

高校通算56本塁打を打っている花巻東の佐々木麟太郎選手が甲子園に初登場したが、4打数ノーヒットに封じられ、苦いデビューとなった。それでも視察したスカウト陣はそのスイングを評価している。

スポンサーリンク

ノーヒット

佐々木麟太郎選手は1年秋までに高校通算50本を放っていた。12月に両肩の手術を受け、センバツには間に合うかが心配されたものの、事前の練習試合で6本塁打を放ち、復調、そしてセンバツでの爆発も期待されていた。

しかしこの日は、市和歌山の149キロ右腕・米田天翼投手と対戦し、初回ノーアウト1、3塁のチャンスで140キロの高めのストレートを空振りして三振、3回もストレートを3度空振りして三振した。5回はサードフライ、8回にもストレートを打ってファーストゴロと、強いストレートでインコースを攻められ、また緩急をつけられて完全に封じられた。

試合後、「自分がふがいない結果でチームに貢献できなかった。責任を強く感じています」と話したが、「直球に伸びがあり球速も速かった。遅れる部分も多かった」とまだ、本格的なストレートについていける状態ではなかった。父親の佐々木洋監督は「今回の悔しさを持って夏に向かってくれればなと思います」と話した。

スカウト評価

それでも佐々木選手への期待が、視察したスカウト陣から聞かれた。

巨人・水野スカウト部長:「手術明けで実戦不足もあったと思う。それでもスイングはさすがなもの。まだ2年生だし、これからいい投手と対戦すれば自信になる。」

東京ヤクルト・橿渕スカウトデスク:「高めの真っすぐを我慢できればというところ。秋に見た時より、スイングは力強くなっていた。」

阪神・葛西スカウト:「まだ本調子ではなかった。秋の状態はもっと良かった。それでも、しっかり振れていたし、スローイングも問題ないことは確認した。」

横浜DeNA・八馬アマスカウトグループリーダー:「スイングは一級品」

まだ春先で打者にとっては速い球を打つのが大変な時期で、手術の影響もあったため今大会の結果については全く関係ない。ただ、結果として残ったことは事実であり、この結果が逆に佐々木選手をさらに成長してくれると思う。

スイングや体のサイズなど、色々な指摘がされると思うが、本人がしっかりと感じたことを一つ一つクリアしてゆけば、次に甲子園に姿を見せる時には、しっかりと結果を残してくれるだろう。それくらい、すでに信頼感を感じさせる打者だと思う。

センバツ高校野球(2022)5日目の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会は5日目、対戦カードと注目選手です。
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
泣くな、麟太郎 4の0、2三振に「ふがいない結果でチームに貢献できなかった」 花巻東初戦敗退 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 1回戦3試合が行われ、市和歌山が2年生四天王の一角、佐々木麟太郎内野手(2年)を擁する東北王者の花巻東(岩手)を5―4で破り2回戦に進んだ。最速149キロを誇る今秋ドラフト候補右腕・米田天翼(つばさ)投手(3年)が佐々木を無安打に封じ、4失点完投した。関東王者の明秀学園日立(茨城)は大島(鹿児島)に8―0で完勝。古豪...

《麟太郎へのスカウトの評価》▼巨人・水野雄仁スカウト部長 手術明けで実戦不足もあったと思う。それでもスイングはさすがなもの。まだ2年生だし、これからいい投手と対戦すれば自信になる。

 ▼ヤクルト・橿渕聡スカウトデスク 高めの真っすぐを我慢できればというところ。秋に見た時より、スイングは力強くなっていた。

 ▼阪神・葛西稔スカウト まだ本調子ではなかった。秋の状態はもっと良かった。それでも、しっかり振れていたし、スローイングも問題ないことは確認した。

通算56発の佐々木麟太郎4打数0安打2三振「責任を痛感」 父・佐々木監督は巻き返し促す【センバツ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇23日 センバツ高校野球1回戦 花巻東4―5市和歌山(甲子園) 初めての夢舞台は4打数ノーヒット2三振に終わった。花巻東(岩手)の佐...

腕がしびれるなどの原因だった胸郭出口症候群を12月に手術で治療。2月中旬からようやくバットを振り始めて、ぶっつけ本番に近かった。打てるコースは全部振って、ドラフト候補右腕に立ち向かったが、実戦感覚はまだ戻っていなかった。それでもスラッガーとしての素質は十分。DeNAの八馬幹典アマスカウトグループGLは「スイングは一級品」と改めて評価した。

花巻東・佐々木麟太郎、散る…4の0「ふがいない…」号泣聖地デビュー/センバツ
1回戦3試合が行われ、花巻東(岩手)は市和歌山に4-5で敗れた。高校通算56本塁打の怪物スラッガー、佐々木麟太郎内野手(2年)は、最速149キロの好投手、米田天…
【センバツ】花巻東・佐々木麟太郎、無安打で敗戦…悔しくて号泣「人一倍強いバッターになり甲子園に戻る」
 高校通算56発を誇る花巻東(岩手)の2年生スラッガー・佐々木麟太郎一塁手が、初戦で散った。最速149キロ右腕の市和歌山・米田天翼(つばさ)投手(3年)の前に、4打数無安打2三振。持ち味の豪快なスイン
花巻東・佐々木麟太郎 無安打2K涙「ふがいない」あと1点遠く聖地デビュー戦で散る/デイリースポーツ online
 「選抜高校野球・1回戦、市和歌山5-4花巻東」(23日、甲子園球場) 「岩手から日本一」を掲げて、4年ぶりのセンバツに挑んだ花巻東(岩手)は市和歌山に敗れ、初戦敗退となった。高校通算56本塁打を誇る注目のスラッガー・佐々木麟太郎内野手(2年)は聖地デビューとなったが、市和歌山の米田天翼投手(3年)を攻略できず4打数無...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント