常総学院・バルザーブライアン投手が2回無失点、149キロ投球に4球団視察し巨人スカウト評価

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

154キロの球を投げる常総学院のバルザーブライアン選手が、二松学舎大付との練習試合で登板し、2回をノーヒットで無失点に抑えた。2死球1奪三振だった。この試合には4球団のスカウトが視察に訪れ、巨人スカウトが評価している。

スポンサーリンク

2死球

バルザーブライアン選手は昨年9月に、走塁練習をした時に「軽く投げていたら球速が速かった」と島田直也監督に評価され、勧めもあって投手に転向した。すると、最速で151キロを記録しその噂が徐々に広まる。しかし、制球の課題が大きく、なかなか登板をしないため、その力を見ることはなかなかできなかった。

この春は右肘を故障し登板がなかった。それでも代打で登場するなどしていたが、実戦に復帰した5月中旬に154キロを記録し、「体がうまくつかえるようになった」と話す。

この日は二松学舎大付との練習試合が行われ、ブライアン選手は6番ファーストでスタメン出場すると、6回にマウンドに登った。最速は149キロを記録、2回を投げてノーヒット1奪三振無失点に抑えた。2死球を与えるなど課題も残っているが、視察した4球団のスカウトの打ち、巨人の内田スカウトは「投手をやりたてでここまで投げられるのは素質がある」と注目した。

ブライアン選手は「小学校からプロを目指していて、投手として近づいてきている。野手だったらここまでこられていない。投手にさせてもらった監督にも感謝して、監督の期待に添えるような投手になって夏勝たせたい」と話す。

おそらく、プロ入にこだわって志望届を提出すれば、育成ドラフトで指名する球団があるのではないかと思う。この夏に公式戦でしっかりと結果を残し、チームを勝利に導く投球を見せてほしい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・茨城大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球茨城大会、今すぐプロと言う選手は少ないかもしれないが、将来的にかなり注目されそうな選手がいる。ドラフト注目度はB。
常総学院 最速154キロ右腕のブライアン プロ入りへ「近づいてきた」昨秋投手転向/デイリースポーツ online
 「練習試合、常総学院1-4二松学舎大付」(1日、常総学院グラウンド) 常総学院のプロ注目右腕・バルザー・ブライアン投手(3年)は「6番・一塁」で先発出場。投手としては六回から登板し、2回無安打無失点、2死球1奪三振だった。

この日の練習試合はNPB4球団が視察。ブライアンは「腕だけで振っていて、コントロールを意識できなくて、むきになって投げていた」と2死球を与えるなど本調子ではなかったが、スカウトのガンで149キロをマークし、持ち味の直球をアピールした。巨人・内田スカウトも「投手をやりたてでここまで投げられるのは素質がある」と評価した。

プロ注目の常総学院・ブライアン2回0封 昨年9月に投手転向したばかり/デイリースポーツ online
 「練習試合、二松学舎大付4-1常総学院」(1日、常総学院グラウンド) プロ注目の常総学院・バルザー・ジョセフ・ブライアン投手(3年)が1日、茨城県土浦市内の同校グラウンドで行われた二松学舎大付との練習試合に出場。NPB4球団が視察する中、2回無安打無失点だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント