来春のセンバツ高校野球注目選手

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

デイリースポーツでは、来春のセンバツに注目される選手を紹介している。

スポンサーリンク

4人

来年のセンバツ出場が有力となっている高校の中で、注目選手は4人。

報徳学園の堀柊那捕手が、二塁送球が1.8秒のプロレベルの送球を見せ、「肩には結構自信があります。一番のアピールポイントでもあるので」と話す。スカウトも来年のドラフト上位候補に名前を挙げるなど、今年のDeNAドラフト1位・松尾選手クラスに成長して欲しい選手だ。

大阪桐蔭の前田悠伍投手は、1年時から140キロ中盤の速球にコントロールもよく、勝てる投手として活躍をしている。現在は最速は148キロ、カーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球を投げ分け、制球力の良さも健在で、秋季近畿大会の1回戦・神戸国際大付戦では、12球団のスカウト陣が視察した中で9回を4安打3失点、8奪三振で完投、「全力で投げていない。6割くらい。最後まで投げるつもりだった」と話す投球を見せている。

個人的にはこの冬に更にスケールを大きくして欲しい思うが、即戦力としても期待できる投手かもしれない。

専大松戸の平野大地投手は最速151キロを誇る。181cm84kgと体もあり、高校2年間で球速を18キロアップさせた。周期関東大会ではリリーフとしてチームを準優勝に導き、来春のセンバツでは最速投手になりそうだ。

広陵の真鍋慧選手は、花巻東の佐々木麟太郎選手、九州国際大付の佐倉侠史朗選手とBIG3として注目されており、189cm89kgの体からシャープな振りで生み出される本塁打は、現在通算40本を越えている。BIG3で唯一のセンバツ出場となりそうで、スラッガーNO.1の注目選手となりそうだ。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
報徳学園・堀柊那 二塁送球最速1秒81!目標はソフトバンク甲斐 強肩強打で将来性期待/デイリースポーツ online
 10月20日に今年のドラフト会議が終わり、各球団のスカウトは来秋へ向けて準備をスタートさせた。高校生のドラフト候補は豊作だ。今回は、センバツ出場が濃厚な注目選手を紹介する。早くも1位候補とされるのが、大阪桐蔭のエース・前田悠伍投手(2年)だ。最速151キロ右腕・専大松戸の平野大地投手(2年)も注目。報徳学園の堀柊那捕...
大阪桐蔭・前田悠伍は安定感抜群 秋季近畿大会決勝で志願の完封星 高い野球センスに強い責任感/デイリースポーツ online
 10月20日に今年のドラフト会議が終わり、各球団のスカウトは来秋へ向けて準備をスタートさせた。高校生のドラフト候補は豊作だ。今回は、センバツ出場が濃厚な注目選手を紹介する。早くも1位候補とされるのが、大阪桐蔭のエース・前田悠伍投手(2年)だ。最速151キロ右腕・専大松戸の平野大地投手(2年)も注目。報徳学園の堀柊那捕...
専大松戸・平野大地は最速151キロの剛腕 「自分の持ち味」直球に自信/デイリースポーツ online
 10月20日に今年のドラフト会議が終わり、各球団のスカウトは来秋へ向けて準備をスタートさせた。高校生のドラフト候補は豊作だ。今回は、センバツ出場が濃厚な注目選手を紹介する。早くも1位候補とされるのが、大阪桐蔭のエース・前田悠伍投手(2年)だ。最速151キロ右腕・専大松戸の平野大地投手(2年)も注目。報徳学園の堀柊那捕...
来秋ドラフト候補スラッガー 大阪桐蔭・前田だけじゃない 花巻東・麟太郎ら“2年生四天王”/デイリースポーツ online
 10月20日に今年のドラフト会議が終わり、各球団のスカウトは来秋へ向けて準備をスタートさせた。高校生のドラフト候補は豊作だ。今回は、センバツ出場が濃厚な注目選手を紹介する。  ◇  ◇
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント