夏の高校野球・青森大会(2023)の注目選手、ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

夏の高校野球青森大会の注目選手です。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

弘前工の成田晴風投手は185cmの右腕投手で最速は149キロまで伸ばしている。春は青森山田を5回までノーヒットに封じるなど、投手としてのブレークも間近。打撃でも驚くべき打球を打つ選手で、将来が非常に期待される。

八戸学院光星の中澤恒貴選手は侍ジャパンU18代表候補強化合宿にも参加した選手で、強い打撃のできる遊撃手として期待される。そして2年生の洗平比呂投手と岡本琉奨投手はともに左から147キロの速球を投げ、今年と来年に大いに注目されるサウスポーコンビ。

その他の選手

八戸学院光星は、池田優斗投手も140キロを記録する右腕投手、パンチ力のあるリードオフマンの鈴木崇選手や、左の大砲として抜群のスイングを見せる長谷陸翔選手などがおり、捕手の文元磨生選手も1.9秒台の肩を持つ。

八戸工大一の2年・金渕光希投手は183cm80kgの左腕から143キロのストレートと、鋭いスライダーで三振を奪える投手としてエースとして投げている。ファーストで出場する188cmの左のスラッガー・最上晴太選手が打撃で引っ張る。

青森山田は鈴木颯夏捕手が二塁送球1.8秒の肩があり、鬼肩と注目される。2年生の関浩一郎投手は185cmの大型右腕でポテンシャルに期待、對馬陸翔選手はシャープな打撃が期待を集めている。

弘前学院聖愛の廣田想人選手は、今年春に長打を打ちまくった181cmの右の強打者、2年生の吹田志道選手は188mの長身右腕投手で柔らかいフォームがあり、将来が期待される。

青森商の佐々木寛太郎投手は180cm81kgの右腕投手で、昨年冬のトレーニングで140キロを記録するようになった。木村心選手は昨秋に高い打率を残した選手で強肩とのこと。塩谷亮平選手も昨年から活躍している選手。

八戸工大二の速応健聖投手は181cmの右腕投手で140キロの速球を投げる。

弘前高の一戸貴仁選手は180cm80kgの大型遊撃手で進学校の注目の選手。弘前東の須藤琉聖選手も高校通算18本塁打を放っている。

2023年度以降-高校生-青森県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント