ヤマハ・清水蓮投手が148キロ速球で5回まで3安打無失点

社会人野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

社会人野球のJABA静岡大会が開幕し、ヤマハの150キロ右腕・清水蓮投手が先発、5回3安打無失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

148キロ

清水蓮投手は上背はそれほど無いものの、共栄大時代から力強いストレートを投げエースとして活躍、最速は150キロを記録する。昨年に解禁となっていたがドラフト会議では指名がなかったものの、今年もプロが注目している。

この日は昨年の都市対抗覇者・東京ガスとの対戦で先発すると、最速148キロのストレートに変化球も冴え、5回まで3安打無失点の好投を見せた。6回に1アウトをとったところで足に違和感を覚え降板したが、「相手打線は怖かったが、全力投球で攻め切れた。」と話した。

試合はその後、後続が東京ガスの猛攻にあい、6回に4点、7回に6点を失って7回コールド3−10で敗れた。清水投手は「勝ちたかった。まだあきらめない」と悔しがった。

清水投手は東京スポニチ大会でも先発して6回を投げ、7安打5奪三振2失点と結果を残している。静岡大会でも安定した投球を続けており、このまま安定した成績を残し続け、都市対抗本戦では150キロの速球で完封するくらいの投球を見せられれば、秋のドラフト会議での指名が見えてくる。期待したい。

2022年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
ヤマハが東京ガスに7回コールド負け 終盤満弾浴び突き放される 社会人野球JABA静岡大会 - アマ野球 : 日刊スポーツ
ヤマハは、昨季都市対抗大会覇者の東京ガスに7回コールドで敗れ、黒星スタートとなった。初回の攻撃では、1、2番の連続安打で先制し序盤は1-0の投手戦。6回の守り… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

プロ注目右腕・清水蓮投手(24)は、先発し5回までは3安打無失点の好投。球速も148キロを記録し変化球も切れた。6回途中で足に違和感を覚え降板も「相手打線は怖かったが、全力投球で攻め切れた。勝ちたかった。まだあきらめない」と前を向いた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント