ENEOS・度会隆輝選手が都市対抗本戦4本目のホームランで橋戸賞・若獅子賞・打撃賞獲得、日本ハムが評価

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

都市対抗野球は決勝戦が行われ、ENEOSが昨年王者の東京ガスに5−4の劇的な逆転勝利を収めて優勝した。19歳の度会隆輝選手が3ランホームランを放ち、今大会5試合で4本塁打を放った。

スポンサーリンク

19歳で橋戸賞

天才バッターが決勝でも火を吹いた。今大会は準々決勝のJR西日本戦で2本塁打を放つなど大活躍が目立っていた度会隆輝選手がこの日、0−4で点差の開いた6回、1アウト2,3塁の場面で打席に入ると、プロ注目右腕・益田武尚選手の149キロのストレートを鮮やかにライトスタンドに運び、1点差に追いつく3ランホームランを放った。

このホームランで勢いを盛り返したENEOSは、続く丸山壮史選手、そして小豆澤誠選手にもホームランが飛び出し、1イニング3本塁打で5−4と一気に逆転した。試合はそのまま勝利し、ENEOSが頂点に輝いた。

度会選手は今大会5試合で4本塁打、打率.429、11打点を挙げ、MVPである橋戸賞、新人賞である若獅子賞、そして最高の打者に送られる打撃賞を獲得した。大久保監督も「一番良い場面でまた打ってくれて、ただただ感心しています。本当にミラクルを起こしてくれた」と讃えた。

横浜高校では1年時にヒットを連続して打ち続け、天才打者として注目された。高校3年時にはホームランも増え、強打の二塁手として注目されるものの、プロ志望届を提出したがドラフト会議では指名されなかった。

社会人1年目の昨年はオープン戦から結果を残して高卒ルーキーでレギュラーを勝ち取ると、12月に行われた都市対抗野球でホームランを放ち、驚きを持って評価された。今年もスポニチ大会でホームランを放つなど高校卒2年目にして、来年のドラフトの目玉と注目されるようになり、今大会の4本塁打で来年の超目玉クラスになることは確定した。

この日は北海道日本ハムの坂本スカウトが視察したが、「やっぱり天才的だと思いますね。打球を遠くまで運ぶ能力がありますし、差し込まれても逆方向に落とす技術もあります。あのバットコントロールは教えてできるものではないですね」と評価、「将来的にはNPBで首位打者を狙える能力を持っていますね」と話した。

そして、「今大会で評価は上がりましたね。打撃以外でも、社会人野球に入ってから足も速くなっていますし、外野もしっかり守れている。来年のドラフト上位候補に入ってくることは間違いないでしょう」と打撃以外の部分でも成長を評価し、来年のドラフト上位候補と断言した。

言動やインタビュー、ベンチ内で先輩に対して熱く語る姿などを見ても、天才という言葉が枕詞となりそうな選手で、プロ入りすればそのチームを変えていく存在になりそうな予感がする。来年は、高校生・大学生の怪物と呼ばれる選手がいるが、度会選手も十分怪物と呼ばれる存在となりそうだ。

2023年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【都市対抗野球2022】決勝の対戦カードと注目選手一覧
今日から都市対抗野球が開幕する。決勝の対戦カードと注目選手を紹介します。
ENEOS優勝の立役者・度会隆輝が評価急上昇 スカウト絶賛「NPBで首位打者」「天才的」「上位候補」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第93回都市対抗野球大会の決勝が29日、東京ドームで行われ、ENEOS(横浜市)が東京ガス(東京都)に5―4で逆転勝ちし、13年以来(当時JX─ENEOS)、最多記録を更新する9年ぶり12度目の優勝を飾った。

――今大会を通して度会選手の打撃をどう見ましたか。

「やっぱり天才的だと思いますね。打球を遠くまで運ぶ能力がありますし、差し込まれても逆方向に落とす技術もあります。あのバットコントロールは教えてできるものではないですね」

ENEOS最多12度目V!6回度会3ランから3発逆転 度会は橋戸賞&若獅子賞&打撃賞史上初3冠 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ENEOS(横浜市)が連覇した12、13年以来、9年ぶり、史上最多12度目の優勝を劇的な逆転勝利で飾った。4点ビハインドの6回に度会隆輝外野手(19)の3ランを皮切りに、3本塁打が飛び出して一気に5得点を挙げて逆転した。最優秀選手賞に当たる橋戸賞は度会が受賞。新人賞に当たる若獅子賞と、打撃賞との3冠は史上初となった。...

MVPの橋戸賞に加え、若獅子賞と打撃賞まで獲得。「最高でーす!絶対やってやると思ってました。思い切り打ってチームに流れを呼び込めた」とインタビューで絶叫した。元ヤクルト内野手でムードメーカーだった父・博文氏譲りの明るさ全開だった。史上最多、12度目の大会制覇を成し遂げた大久保監督も「一番良い場面でまた打ってくれて、ただただ感心しています。本当にミラクルを起こしてくれた」と声を絞り出した。

ENEOS・度会の父・博文氏「チームの皆さまのおかげ」息子の3冠を感謝 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ENEOS度会の父・博文氏(50=ヤクルトアカデミー・ヘッドコーチ)は、今大会初めて東京ドームで観戦。6回に息子の反撃の3ランを見届け「追い上げムードになる一発が打てたので“ナイスバッティング!”と言ってあげたい」。
ENEOSが逆転で9年ぶり12度目V 度会隆輝の3ランなど一発攻勢で東京ガスの連覇阻む - アマ野球 : 日刊スポーツ
ENEOS(横浜市)が東京ガス(東京都)に5-4で逆転勝ちし、9年ぶり、大会最多を更新する12度目の優勝を果たした。4点を追う6回、度会隆輝外野手(19=横浜… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【都市対抗】 1イニング3本塁打で逆転したENEOSが優勝 大久保監督「こんなことがあっていいのかな」
 ENEOS(横浜市)がホームラン攻勢で昨年の覇者・東京ガス(東京都)に逆転勝ちし、2013年以来、9年ぶりの優勝。大会最多の優勝回数を「12」に伸ばした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント