関西大・山本隆広投手が4安打完封、明治神宮大会出場決める

関西大, 山本隆広

関西大の完全試合男・山本隆広投手が明治神宮大会出場を決めた。関西大学野球選手権の第2代表決定戦で、大阪市立大を4安打に抑えて完封した。

10月に完全試合

今秋の関西学生リーグ、近大戦で完全試合を達成した山本隆広投手は、最速150キロを投げる右腕で来年のドラフト注目投手の一人。この日は勢いに乗って勝ち進んできた大阪市立大と対戦し、4回以降は1安打に抑えるピッチングで9回4安打無失点、貫禄の完封勝利を挙げた。

この日の試合は10月1日に完全試合を達成した南港中央球場で、「今日は何か縁あるんかな」と話した。関西大は前日に大商大と第1代表決定戦を戦ったが、侍ジャパン大学代表で抜群の安定感をみせていた4年生の阪本大樹投手が7回7安打3失点で敗れていた。先輩エースの「明日は頼んだ」というメッセージを胸に、頼もしい3年生エースが期待に応えた。

これで明治神宮大会出場が決定した。「阪本さんと僕で0に抑えれば負けないので、うまく2人で0に抑えていきたいと思います」と話した山本投手、来年のドラフト候補として視線が集まる。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年のドラフト候補一覧

関大(関西学生)が大市大(近畿学生)を破り、2年連続6度目の明治神宮大会出場を決めた。秋季リーグ戦で完全試合を成し遂げた、来秋のドラフト候補山本隆広投手(3年=桜宮)が9回4安打無失点。4回以降はわずか1安打の好投で、神宮切符をたぐりよせた。


PAGE TOP