オリックスドラフト2位・野口智哉選手が3ランホームラン、神宮大会出場へ必死のプレー

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

関西地区大学野球選手権では、オリックスにドラフト2位で指名された関西大・野口智哉選手が、3ランホームランにヘッドスライディングでの内野安打などの活躍を見せた。

スポンサーリンク

明治神宮大会へ

野口智哉選手はこの日の神戸大戦で3回、ノーアウト1,2塁からライトスタンドに3ランホームランを放った。「流れが悪かった。何が何でも勝つ試合。流れを引き戻せた。1球で仕留められた」と話した。

また、7回にはショートへの打球で一塁にヘッドスライディングで内野安打とした。「自分が出て何とかしたかった。気持ちを見せられたら」と話した。

次戦は佛教大と対戦し、明治神宮大会出場のために全力を尽くす。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

流れを引き寄せたのは今秋ドラフトでオリックス2位の野口智哉内野手(4年=鳴門渦潮)だ。2点リードの3回無死一、二塁。内角高め速球を強振し、右翼に3ランを放った。

リードを5点差に広げ、主導権を握った。「流れが悪かった。何が何でも勝つ試合。流れを引き戻せた」と振り返った。ドラフト後の初アーチを「1球で仕留められた」と言う。リーグ戦で優勝も、同大戦に連敗して今大会に入った。前日も完敗。この日も序盤はチグハグだったが、主砲の一撃で息を吹き返した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント