大商大・渡部聖弥選手がリーグ新記録の1シーズン5本塁打、中日スカウトが評価

2024年ドラフトニュース 中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

関西六大学リーグでは、大阪商業大の2年生・渡部聖弥選手が、今季5本目のホームランを放ち、リーグ新記録を樹立した。中日のスカウト課長も絶賛している。

スポンサーリンク

リーグ新記録

この日の龍谷大戦で渡部聖弥選手は、8回1アウトの場面、インコースのストレートを振り抜くと、「打った瞬間、入ったなと」と特大の推定120mの特大ホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。

これまでのリーグ記録は、佐伯貴弘選手など8人が記録していた1シーズン4本塁打だったが、このホームランで新記録を樹立した。渡部選手は「常に狙う気持ちはあった。甘いところに来たら、絶対にいってやる、と。いいスイングができて、本塁打になって、すごくうれしい」と話した。

この日は中日の山本スカウト課長が視察し、「ヘッドスピードが速い。強く振り抜ける。右で大きいのが打てる。楽しみな打者。肩も足もそろっていて、順調なら挙がってくる」と2024年のドラフト上位候補に挙がると評価した。

これで通算本塁打は6本とし、佐伯選手の持つ通算12本塁打について、「目指したい数字。1番を取りたい。もし5本で終わっても、3、4年生で自分の記録を塗り替えられるような打者になっていきたい」と話した。

広陵高校でチームメイトだった宗山塁選手が明治大で活躍しているが、2024年はともにドラフト1位指名でプロ入りする可能性が高い。

2024年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】大商大・渡部聖弥 シーズン個人最多5本塁打の新記録 推定120メートルの特大弾
 すでに2季連続23度目(旧リーグを含む)の優勝を決めている大商大の渡部聖弥中堅手(2年)がシーズン個人最多5本塁打の連盟新記録を樹立した。2024年のドラフト1位候補は8回1死で通算6号ソロをマーク

視察した中日の山本スカウト課長は「ヘッドスピードが速い。強く振り抜ける。右(打者)で大きいのが打てる。楽しみな打者。肩も足もそろっていて、順調なら(再来年は上位に)挙がってくる」と24年のドラフト1位候補を高評価した。富山陽一監督(57)は「本人の努力。皮手袋も着けないで、よく(打撃)練習する」とたたえた。

大商大の渡部聖弥がシーズン5本塁打の新記録 1982年の創設以降で初【関西六大学野球秋季リーグ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇16日 関西六大学野球秋季リーグ戦 大商大13―1龍谷大1回戦(大津市・マイネットスタジアム皇子山) 大商大の渡部聖弥(わたなべ・せ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント