京都国際の森下瑠大投手が5月以来の登板、3人態勢の阪神や中日・ソフトバンクなど12球団が視察

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

京都国際の森下瑠大投手がこの日、7回からリリーフで登板し3回1安打2奪三振1失点の投球を見せた。

スポンサーリンク

12球団スカウト視察

この日の乙訓戦は3点を勝ち越した7回、森下瑠大投手が登板した。5月1日の春季大会以来83日ぶりの実戦登板で、最初の打者にはニコニコしながら投げていた。

この日の最速は140キロ、9回にはノーアウト満塁のピンチを背負い、レフトへの犠牲フライで1失点した。それでもそれ以上の得点は与えずに5−3で勝利し、試合後も安堵の笑顔を見せていた。「投げさせてもらえる喜びが一番大きかったです。うれしかった。ブラスバンド演奏もあって、これが高校野球だと思いました」と話した。

今年のドラフト上位候補になるかもしれない存在、昨年の甲子園でのピッチングで森下投手はそう位置づけられている。しかし、この春の登板が無く、スカウトは夏の大会に連日足を運んだ。

この日も12球団のスカウトが視察し、阪神は畑山統括スカウトなど3人態勢で視察した。

中日・山本スカウト:「角度があって質の良いストレートを投げる。コントロールが良く、変化球も切れている。投げられることを証明したから上がってくるでしょうね」

福岡ソフトバンク・稲嶺スカウト:「投げることができただけでも十分」

まずは登板したことを評価した。昨年よりも無駄のないフォームで、それでいて球の伸びは昨年程度かそれ以上のものがある。まだ高めに浮く球、外角に外れる球が多く、昨年のようにインコースにしっかりとコントロールできるという感じではないが、東海大札幌・門別啓人投手や大島・大野稼頭央投手、阿南光・森山暁生投手などとともに、今年注目される高校生左腕投手に入ってくるだろう。

この夏にどこまで状態を上げていくのか注目したい。

2022年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・京都大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球京都大会、全国屈指の左腕投手に外野手が揃っており、ドラフト注目度はB。
京都国際の最速143キロ左腕・森下 7回から登板し12球団スカウトに復調アピールの3回1失点 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 京都国際が逆転で乙訓を退け、2年連続出場へ王手をかけた。今秋ドラフト上位候補の最速143キロ左腕・森下瑠大投手(3年)が今夏初登板。7回から登板し、3回を被安打1の2奪三振、1失点にまとめた。阪神は畑山俊二統括スカウトら3人態勢で視察。12球団スカウトの前で復調をアピールした。

 左肘の痛みが長引き、公式戦登板は5月1日の春季京都大会1回戦・日星戦以来。6月半ばからキャッチボールを再開したばかりで、ソフトバンク・稲嶺誉スカウトは「投げることができただけでも十分」と評価した。

京都国際高のドラフト候補左腕、森下瑠大がリリーフで3回1失点、決勝導く 12球団のスカウト集結:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇25日 全国高校野球選手権京都大会準決勝 京都国際5―3乙訓(わかさスタジアム京都)  今秋のドラフト候補に挙がる左腕、京都国際高の...

今春センバツ前には145キロを出したこともある。この日も140キロ超。中日の山本将道スカウトは「角度があって質の良いストレートを投げる。コントロールが良く、変化球も切れている。投げられることを証明したから(ドラフト指名順位は)上がってくるでしょうね」と予測する。

京都国際が決勝進出 ドラフト候補・森下瑠大が復帰登板3回1失点、調子は「5割くらい」/京都 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補で最速143キロ左腕の京都国際・森下瑠大投手(3年)が復帰登板で決勝進出を呼び込んだ。自らの右翼線適時三塁打などで3点を勝ち越した直後の7回に… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント