京都外大西の西村瑠伊斗選手は3四球で勝負避けられ敗退、西武GM「プロでもなかなかいない」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース プロ志望 阪神ドラフトニュース

高校野球京都大会準決勝では、京都外大西が龍谷大平安に5−12で8回コールドで敗れた。プロ注目の二刀流・西村瑠伊斗選手は3四球と勝負を避けられ、また登板も無くこの夏を終えた。

スポンサーリンク

「インコースのさばきは天才」

西村瑠伊斗選手は2点を追う4回、インコースのストレートを捉えると、打球は右中間のフェンスに直撃する3塁打となった。しかし、今大会既に5試合で4本塁打を放っているスラッガーに、この当たりを見せられたことで、5回には申告敬遠、7回もストレートの四球、8回もフルカウントから四球で勝負を避けられた。「あれだけ点差があったらと思ったけど、勝負されなかった。どこのチームからも警戒されていたと思うが、これだけ勝負してもらえへんのかと。そこも悔しかった」と話した。

これについて龍谷大平安の原田監督は「ランナーが1人でも2人でも、彼が打つとチームが乗る。そこの芽を摘みたかった。ストライクでは勝負できない。ボールを振ってくれたら、ラッキー。勝利に徹した」と話した。

また西村投手は最速147キロを記録する投手としても注目されるが、この日も登板が無く、この夏は登板0で終わった。これについて西村選手は、「実を言うと、肩をけがしていて僕が投げられなかった。チームに悪かったし、自分も悔しい。肩が治っていたら、ここで自分が投げられたのにと思っていました」と悔しさをにじませた。

この日は阪神の和田TAや、埼玉西武の渡辺GMなど首脳クラスが視察をしたが、渡辺GMは「インコースのさばきは天才。教えてできることではない。2つあったよね。パンチ力もある。プロでもなかなかいない。すごく楽しみな選手」と、プロでもあまりいない存在と高く評価をした。

試合後には「プロ野球選手になりたい。プロに入って活躍できるように。切り替えられないけど、なんとか切り替えて。ずっと目指している夢があります」と話し、プロ志望を明言した。

とんでもない才能を持った選手がプロに入ってくる。ドラフト会議では3位前後での指名が予想される。

2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-京都府のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の高校野球・京都大会(2022)の注目選手:ドラフト注目度B
夏の高校野球京都大会、全国屈指の左腕投手に外野手が揃っており、ドラフト注目度はB。
ドラフト候補の京都外大西・西村瑠伊斗の夏終わる、二刀流も登板できず悔い プロ志望明言/京都 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補で高校通算54本塁打の京都外大西・西村瑠伊斗投手(3年)は夏が終わってしまった。8回コールド負け。甲子園は遠かった。それでも、自慢の打撃で意地… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

この日は複数球団のスカウトが視察に集まった。阪神和田テクニカルアドバイザーや西武渡辺GMも姿を見せ、注目度の高さをうかがわせた。今大会は史上最多タイの4本塁打。野球センスの高さを知らしめた夏になった。渡辺GMは「打者としてインコースのさばきが天才的。教えてできることではない。2つあったよね。パンチ力もある。すごく楽しみな選手」と評価した。

京都外大西の高校通算54発・西村、勝負避けられ3四球で敗退「プロに入って活躍する夢を目指したい」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 京都外大西は龍谷大平安に8回コールド負けを喫した。高校通算54本塁打を誇る西村瑠伊斗(るいと=3年)は2番・右翼で先発。申告敬遠1つを含む3四球と勝負を避けられ、不完全燃焼のまま最後の夏を終えた。

観衆の度肝を抜いたのは4回だ。内角低め直球を仕留めた打球は右中間フェンス直撃の三塁打。あわや柵越えの一撃に、ネット裏のスカウト陣も驚嘆の声を上げた。西武の渡辺久信GMは「インコースのさばきは天才。プロでもなかなかいない」と舌を巻いた。

プロ注目の西村は3連続四球…勝負避けられ京都外大西コールド負け 観戦の中日・大野雄「よく頑張った」:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇25日 全国高校野球選手権京都大会準決勝 京都外大西5―12龍谷大平安(8回コールド、わかさスタジアム京都) 今秋のドラフト候補に挙...

「実を言うと、肩をけがしていて、僕が投げられなかった。チームに悪かったし、自分も悔しい。肩が治っていたら、ここで自分が投げられたのに、と思っていました」

【京都】高校通算54発の今秋ドラフト候補、京都外大西・西村瑠伊斗が準決勝敗退…3四球に「勝負してもらえへんのか」
 今秋ドラフト候補に挙がる京都外大西の“二刀流”、西村瑠伊斗(るいと、3年)外野手が準決勝で龍谷大平安に敗れ、最後の夏を終えた。「2番・右翼」で2打数1安打3四球と4度出塁も、8回コールドで散った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント