大阪桐蔭・松尾汐恩選手が高校最後の試合で38号ホームラン、阪神ドラフト1位候補

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

栃木国体の高校野球硬式の部は決勝戦が行われ、大阪桐蔭が聖光学院に5−1で勝利し、明治神宮大会・センバツ・国体の三冠で有終の美を飾った。

スポンサーリンク

通算38号

この日の大阪桐蔭は初回に、海老根優大選手のフェンス直撃二塁打で2点を挙げるなど3点を追加して勢いに乗ると、5回には松尾汐恩選手のホームランが飛び出し、点差を広げた。

松尾選手は初球のカーブを捉えると、打球はレフト席に飛び込んだ。「ここ一番の試合で力を落としてできる。何か持ってるんじゃないかな。最後の試合。自分のなかで一番うれしいホームランでした」と話し、高校最後となる通算38本目のホームランに自画自賛した。

これで高校野球の公式戦はすべて終了し、後は2週間後のドラフト会議を迎える事になった。松尾選手は「不安もあるんですけど、やるべきことをやって指名を待ちたい。チームを勝たせられる、勝つために求められることをできる選手になりたい」と話す。

その松尾選手には阪神がドラフト1位指名候補に挙げていると日刊スポーツが報じており、国体に優勝した年には2012年に藤浪選手(阪神1位)、2013年に森選手(西武1位)、2018年に根尾選手(中日1位)、藤原選手(千葉ロッテ1位)とドラフト1位指名選手が誕生している。

阪神は浅野翔吾選手のドラフト1位指名も検討しているが、将来チームの中心になりそうな捕手の松尾選手もドラフト1位指名の可能性があり、他球団も捕手は評価が高くなるため、単独1位指名を狙ってくる球団もありそうだ。

2022年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大阪桐蔭、国体Vはドラフトへ吉兆 阪神1位候補の松尾汐恩が「有終アーチ」無類の勝負強さ発揮 - 高校野球 : 日刊スポーツ
大阪桐蔭が最強を証明した。聖光学院(福島)を5-1で下した。阪神のドラフト1位候補に挙がる松尾汐恩捕手(3年)が5回に高校通算38号のソロ本塁打を放ち、突き放… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

最後の最後まで攻め抜いた。これが大阪桐蔭の強さだ。3点リードの5回、松尾のひと振りで、一気に流れを引き寄せた。初球カーブをとらえ、左翼席へ。西谷浩一監督(53)を「あの1点は大きかった」と言わしめた。鮮やかな「有終アーチ」だ。阪神のドラフト1位に挙がる逸材が、無類の勝負強さを発揮した。

大阪桐蔭3冠 松尾「持ってる」高校最後の試合でホームラン 史上初の4大会弾 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 決勝が行われ、大阪桐蔭が聖光学院を下して18年以来、4度目の優勝を飾った。過去3度は雨天のため決勝戦が行われないなど、複数校が優勝扱いとなっており、単独では初となった。「3番・捕手」で今秋ドラフト1位候補の松尾汐恩(3年)が高校通算38号となるソロ本塁打を放つなど4打数3安打と打線をけん引した。
大阪桐蔭3冠 夏の悔しさ晴らした!初の単独V 松尾有終弾 プロへ「勝たせる選手に」/デイリースポーツ online
 「栃木国体・高校野球・決勝、大阪桐蔭5-1聖光学院」(5日、宇都宮清原球場) 決勝戦が行われ、大阪桐蔭が4年ぶり4度目、初の単独優勝を果たした。昨秋の明治神宮大会、今春センバツに続いて同校3度目となる全国大会3冠を達成。今秋ドラフト上位候補に挙がる松尾汐恩捕手(3年)が1本塁打を含む3安打1打点と躍動し、笑顔で高校生...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント