低反発バットでの甲子園1号は誰が打つ、関東第一・高橋徹平選手、常総学院・武田勇哉選手、大阪桐蔭・ラマル選手など名乗り

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

センバツで導入される新基準の低反発バット、高校野球の指導者にとっては野球が変わるかもしれないと戦々恐々だが、選手はそのバットでの甲子園1号を目指し、燃えている。

スポンサーリンク

低反発バット第1号は?

昨年秋も低反発バットを使って戦っていたチームがあるが、甲子園大会で導入されるのはセンバツが初となり、誰がこのバットで甲子園第1号を放つのかが注目される。

選手も第1号を放つための熱を高めている。高校通算44本塁打の関東第一の主将・高橋徹平選手は、「低反発になるので、第1号、打ちたいなと思います」と話す。米沢監督も「低反発のバットで飛ばないんですけど、彼だけはかっ飛ばしている」と話し、第1号の期待をしている。

巨人・岡本和真選手に憧れる。「力感のない感じにしているところ。岡本さんは広角に打てる。自分も甲子園で左右センターと、最低でも3本打ちたい」と話し、岡本選手が智弁学園時代にセンバツで1試合2本塁打を放っており、それを超えるとした。また、明治神宮大会では決勝で作新学院に敗れ、対戦したい投手に小川哲平投手を挙げ「名前も一緒で神宮でヒットを打てなかったのでリベンジしたい」と話した。

関東からは常総学院の武田勇哉選手も第1号を狙う。高校通算11本のスラッガーで、「前のバットより芯に当たっても飛ばないけど、あと1カ月で対応していきたい」と話し、Youtubeで甲子園の特徴を分析、右から左への浜風を利用するホームランを放つ。

関西からは大阪桐蔭、ラマルギービンラタナヤケ選手は高校通算28本塁打のスラッガー。「ミートすればスタンド、自信があります」と話し、木製バットで練習を続けて確実に芯でとらえる技術を磨く。「難しいところはあるけど、以前のバットよりも打てるようになりたい」と話した。徳丸快晴選手も「詰まったり打ち損じたら飛ばないけど、芯でコンタクトできれば以前のバットとさほど変わらない」と話し、「強い打球を打って、シングルより二塁打。長打が出づらくなるかもしれないけど、その分、長打を打てば効果的だと思う」と逆に長打を増やすとした。

広陵の只石貫太選手も「最近では強い打球が飛ぶようになってきた。手応えはあります」と徐々に新基準バットに対応していると、健大高崎の箱山遥人選手も「守備では世代ナンバー1の捕手と評価していただけるように活躍して、バッティングでは低反発バットに変わるので、チームバッティングを意識しながら、低反発バットで甲子園1人目の本塁打を打ちたいです」と話した。

プロで注目される選手が甲子園でどのような打撃をするのか、これによって今後の高校生野手の打撃の見方が変わってくる、これまでの感覚を変える必要が出てくるかどうか注目したい。

2024センバツ、スポーツ紙各紙の注目選手
センバツ出場校が決定し、スポーツ紙各紙が注目選手のリストを掲載している。
【2024センバツ】出場校と注目選手一覧
2024年3月18日に開幕するセンバツ高校野球大会に出場する32校が決定します。出場校の速報と注目選手を紹介します。
2024年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【センバツ】関東第一 高校通算44発・高橋 低反発新バット1号狙う 将来見据え木製で練習 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 愛称は「ぶーちゃん」。昨秋の東京大会を制し、8年ぶり7度目の選抜出場を決めた関東第一(東京)の高橋徹平主将(2年)は「全国優勝。神宮大会ではベスト4で負けてしまったので、優勝できるように」と同校初の甲子園制覇を目標に掲げた。
【センバツ】関東第一の44発男・高橋徹平主将、低反発バット元年の「大会1号」目指す
8年ぶり7度目の出場が決まった関東第一(東京)の主将、高橋徹平内野手(2年)が大会1号を目標に掲げた。飛距離が抑えられた新基準の金属バット採用される大会で、高校…
【センバツ】通算44発の関東第一・高橋徹平「甲子園で低反発1号を」入学から木製バットで練習 - 高校野球 : 日刊スポーツ
秋季東京大会で優勝した関東第一が16年以来、8年ぶり7度目のセンバツ出場を決めた。今春から甲子園で初めて低反発バットが採用される。主将で高校通算44発の高橋徹… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
常総学院 3年ぶり11度目の選抜出場。若林主将「優勝目指す」―4番・武田「甲子園でホームラン」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 茨城・常総学院の3年ぶり11度目の選抜出場が決まった。
【センバツ】常総学院3年ぶり11度目「茨城の野球を見せたい」プロ野球で活躍した島田直也監督 - 高校野球 : 日刊スポーツ
常総学院(茨城)が3年ぶり11度目のセンバツ出場を決めた。日本ハム、横浜などプロ野球でも活躍した島田直也監督(53)は「打線は自分を犠牲にしてでもつないでいく… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【センバツ】大阪桐蔭の主砲・ラマル“新バット1号”予告「第1打席、狙います」 - スポーツ報知
 大阪勢最長となる5年連続(20年は新型コロナで中止)15度目の出場が決まった大阪桐蔭の主砲、ラマル・ギービン・ラタナヤケ内野手(2年)が“新バット1号”を予告した。大阪府大東市の同校で「第1打席、自
【センバツ】大阪桐蔭・徳丸快晴「バットが変わるからこそ長打を打てる打者に」 プロ注目の3番打者 - スポーツ報知
 大阪桐蔭の5年連続(20年は新型コロナで中止)15度目のセンバツ出場が26日、決定し、プロ注目の3番打者、徳丸快晴外野手(2年)が本領発揮を誓った。
広陵3年連続センバツ 最速148キロ右腕・高尾&4番で主将・只石の黄金バッテリー ジンクス断ち切り21年ぶり頂点導く/デイリースポーツ online
 第96回選抜高校野球大会(3月18日開幕、甲子園)の選考委員会が26日、大阪市内で開かれ、広陵の3年連続27度目の出場が決まった。同校は昨秋の中国大会を制していた。チームの中心は最速148キロのエース・高尾響投手(2年)と4番と主将を務める只石貫太捕手(2年)のバッテリー。経験豊富な2人がチームを21年ぶり4度目のセ...
【センバツ】広陵3年連続!プロ注目右腕・高尾響と只石貫太バッテリー中心に中国大会初の3連覇 - 高校野球 : 日刊スポーツ
広陵(広島)は3年連続27回目の出場が決まった。昨春から3季連続の甲子園出場となる。発表を聞いた中井哲之監督(61)は「3年連続と簡単に言うんですけど、これが… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【センバツ】プロ注目の健大高崎・箱山遥人が昨春のリベンジ宣言「低反発で1人目の本塁打を」 - 高校野球 : 日刊スポーツ
高校通算28本塁打でプロ注目の高崎健康福祉大高崎(群馬)の箱山遥人捕手(2年)が、昨春のセンバツのリベンジを誓った。昨春も「4番捕手」で出場したが、チームは初… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント