青学大・吉田正尚選手がホームラン、強肩好守も見せる

大学野球ドラフトニュース 侍ジャパン 2015年ドラフトニュース

 侍ジャパン大学代表、野手では青学大の吉田正尚選手が躍動した。6回には埼玉西武のドラフト1位ルーキー・高橋光成投手の147km/hの球を振り抜いてスタンドの中段まで運ぶと、初回には強肩を、8回にはジャンプして候補するファインプレーを見せた。

神宮でプレーする事

 明治大・高山俊選手、早稲田大・茂木栄五郎選手が春のリーグ戦で目立つ中で、青学大の吉田正尚選手は目立つ事ができなかった。しかしそれは成績でという事ではない。東都大学リーグでプレーしているが、青学大は昨年秋に2部に降格し、この春は2部で戦っている。

 しかし2部では3本塁打に打率.389を記録、東洋大、日本大、東農大など2部ながらレベルの高い中での立派な成績だが、2部は各大学のグラウンドで試合が行われ、注目度は決して高くない。吉田選手は活躍しても話題にならない歯がゆさも感じていたと思う。その思いを2万人の観客が詰めかけた大舞台で、一気に爆発させた。

 初回、ランナーがセカンドにいる場面で濱口遥大投手が岡本和真選手にヒットを浴びる。レフト前に転がったゴロを吉田選手は捕球すると、やや三塁側にそれたものの、走者が本塁の5歩手前当たりで捕手のミットに送球が届き、余裕でアウトのプレーを見せた。

 6回には高橋光成投手の147km/hの低めのストレートを、バットの軌道が大きく弧を描く思い切りのよいスイングで振り抜くと、ライトスタンドの中段に飛び込む、当たった瞬間にホームランと分かる打球を見せた。

 そして8回はレフト戦に切れていく打球に飛び込んでダイビングキャッチを見せ、神宮球場を沸かせた。

 吉田選手は昨年までは東都1部リーグでプレーし、神宮で躍動していた。しかし、春も1部昇格はできず大学野球最後のシーズンとなる秋も2部でプレーする事になった。もちろん2部では明治神宮大会などに出場することはできない。大学で神宮でプレーをするには、2部で優勝し入れ替え戦に出場する事しかない。

 この日は神宮に恩返しとも言えるプレーを見せた。そして秋の入れ替え戦、その先にプロのユニフォームを着て神宮でプレーする吉田選手の姿が見える。

2015年度-大学生外野手のドラフト候補リスト

ユニバーシアード出場の侍ジャパン大学代表メンバー決定 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

六回は外寄りの147キロを鋭く振り抜き、右中間席に運んだ。「前の2打席で自分のスイングができなかった。結果にこだわらずスイングをしようと思った」と言う。左翼の守備では一回2死一、二塁から左前打で生還を狙った二塁走者を刺した。

吉田正が攻守で魅せた。守備では初回2死一、二塁から左前打で本塁を狙った走者を好返球で刺すと、8回には香月一の打球をダイビングキャッチ。「守備と走塁の強化に取り組んできた結果」と胸を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント