前橋育英の144キロ右腕・外丸東眞投手が慶応大に合格

2025年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

今夏の甲子園でも前橋育英のエースとして力のある投球をみせた外丸東眞投手が、慶応大のAO入試で環境情報学部に合格した事がわかった。

スポンサーリンク

野球関係では一人合格

慶応大のAO入試は、近年難易度が挙がっており、野球関係で受験をする選手も、甲子園で活躍した選手や注目された選手でも合格することが難しい。

昨年はAO入試で合格者がおらず、野球部関係も0人だったが、今年も全国の有力選手が合格を目指したが、突破したのは前橋育英の外丸東眞投手のみだったという。

外丸投手は173cmの右腕で、最速144キロの速球を投げる。夏の甲子園では京都国際と初戦で対戦し、4安打1失点で完投するも0-1で敗れていた。

慶応大は、2年生に斎藤来音選手や宮崎恭輔選手、善波力選手などの選手がいるが、昨年は付属高校以外では、ドラフト候補として注目されていたのは富岡西の浮橋幸太選手くらいとなっている。

以前も同じような状況にあった事があり、有力どころの選手が入らない時期があった。それでも実力は他の東京六大学のチームに劣らないものだったが、近年のようにリーグで春・秋連覇をするというのは少し難しくなる可能性もある。

慶応義塾高から145キロ左腕の荒井駿也投手、投打に注目された前田晃宏選手がいるが、外丸投手は甲子園経験者として、この学年のエースとして活躍することが期待される。

慶応義塾大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

同入試には、全国の各高校から受験し、野球関係では、外丸だけが合格した。前橋育英の野球部から東京六大学には、今秋のドラフトでヤクルトから2位された明大・丸山和郁外野手や立大に進学の例があるが、慶大野球部志望者の合格は初。身長173センチ、体重73キロの外丸は、制球がよく、最速144キロの直球中心に夏の群馬大会を勝ち抜き5大会連続出場の原動力となり、甲子園では京都国際戦で4安打1失点で完投したものの、0-1で惜敗だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント