注目選手が姿消す、大阪桐蔭・徳山壮磨投手が大学進学表明

大阪桐蔭, 前橋育英, 徳山壮磨, 皆川喬涼, 丸山和郁

前橋育英、大阪桐蔭などが姿を消した。プロ注目選手達の進路に注目が集まる。

大阪桐蔭

仙台育英に敗れた大阪桐蔭、この日は2年生の柿木蓮投手が先発し、最後まで一人で投げた。エースの徳山壮磨投手は登板せずに敗れたが、「残念だったが、柿木の成長を見られた。」と話した。試合後に徳山投手は、大学進学を明かし、「後輩にはこの悔しさを忘れずに頑張ってもらいたい」と話した。

今大会は徳山投手は2試合に完投し、改めてその能力の高さを見せた。球速も140キロ中盤を投げ、コントロールも不安な部分はなく、磨いてきたという変化球も春より良くなった。完成度が高くプロ入りしても早い段階で出てくる可能性もあると思えるが、あとは体をもう一度作り直して球速などを1ランクアップしたいところ。4年後にドラフト上位候補として注目されるだろう。

前橋育英

前橋育英は、左腕エースの丸山和郁投手が登板したものの、ストレートのキレも球速もやや物足りず、花咲徳栄打線に圧倒された。「どこに投げても打たれる気がした。初めて投手をやって怖くなった。」と話した。しかし、自慢の足ではこの日も1回に三盗に成功すると、5回にも二盗を決め、1大会8盗塁の大会記録に並んだ。

将来についてのコメントなどは無いが、U18代表候補にも選ばれており、今後は野手として注目されていく事になりそう。

また今大会で149キロを記録した皆川喬涼投手は、この日は2番手で登板し4回を投げて4安打4奪三振4失点という内容だった。勢いづいた花咲徳栄打線を止めることはできず、西川愛也選手にはヒットも許したが、次の打席では三振を奪うなど意地を見せた。投げる球は低めに144キロ前後をコンスタントに投げられ、プロの投手の球に近い。

皆川投手はU18代表にもおそらく入ってくると思うが、丸山選手、皆川投手の進路が注目される。

夏の甲子園2017、第11日目の組み合わせと注目選手


PAGE TOP