神戸国際大付・阪上翔也選手、進路は「たぶん大学です」

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

神戸国際大付が近江にサヨナラ負けし、甲子園から姿を消した。プロ注目の二刀流・阪上翔也選手は試合後に、「たぶん大学です」と大学進学を明らかにした。

スポンサーリンク

将来はプロ野球選手に

阪上翔也選手は今大会は投手として2回戦の高川学園戦で完投勝利を挙げるなど4試合に登板をし、最速148キロの速球をみせた。また、打撃では高川学園戦でホームランを放つと長崎商戦で5打数3安打を記録し、痛烈な打球が印象的だった。

それでも、初戦の北海戦とこの日の近江戦ではノーヒットに抑えられ、投球でも長崎商戦ではリリーフで登板して同点に追いつかれるなど、体の強さや能力が素晴らしいが、投打ともに結果に波が見られた。

進路を聞かれた阪上選手は、「たぶん大学です」と大学進学を明らかにし、「将来はプロ野球選手になりたい」と話した。大学でも二刀流でプレーするかはわからないが、シーズンを通して安定した成績を残せる選手になりたい。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

今秋のドラフト候補としてプロも注目する存在だが、今後の進路を問われ「たぶん大学です」と明かした。ただ「将来はプロ野球選手になりたい」という言葉は力強かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント