関西大・久保田拓真捕手が場外弾、野口智哉選手3安打、8球団15人スカウト視察し中日・阪神が評価

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

関西大のプロ注目遊撃手・野口智哉選手と久保田拓真捕手が、8球団15人のスカウトが視察したこの日の試合でアピールを見せた。中日・阪神のスカウトが高評価をしている。

スポンサーリンク

野口遊撃手は3安打

打って守れる遊撃手として注目度の高い関西大・野口智哉選手は、この日は3安打を記録した。これで大学通算83安打とした。野口選手は今季、この日の前までは22打数5安打と調子が良くなかった。「マークも厳しくなって、こういうことも乗り越えていかないといけない。そういう中で今春、結果を出せなかったのは自分の弱さ。」と話す。

しかしこの日は、「今は右肩が開いていたので、開きを直そうと意識は逆方向に、スタンスをクローズにしてます」と、第1打席に逆方向のレフト前にヒットを打つと、第2打席はレフトに2ベースヒットを記録した。そして第5打席にはライト方向に2ベースヒットを打った。

視察した中日の中田アマスカウトアドバイザーは「タイミングは取れていないが、しっかりスイングはできている。足の故障もあったと聞いているが、その影響もあるかもしれない。さすがという打撃は垣間見えた。素材は素晴らしい。攻守に足が使えるようになれば、ドラフト上位候補になると思う」と話し、今季の不調の原因を理解しつつ、高い期待を見せた。

久保田捕手は強肩と場外弾

この日、最も目を惹いたのは久保田拓真捕手だった。8回に同点に追いつくホームランを放ったが、レフト場外に消える当たりだった。23日の京都大戦で大学初ホームランを放ったが、これで2試合連続となるホームランとなった。「1点差だったので絶対に追いつきたかった。力むことなく振った結果ホームランになってよかったです」と話した。

またそのホームランの前の8回表には、1.8秒台の強肩で二盗を阻止した。うまくボールを握れなかったが、浮かないようにとっさにワンバウンドの球を送った。

久保田選手について中日の中田アマスカウトアドバイザーは「あれだけフルスイングできる力があるし、地肩もある。送球の投げ間違いがない。体がごっつくて当たれば飛ぶ。持っているものは素晴らしい。ウチの木下みたいなタイプ」と評価した。また阪神の渡辺スカウトも、「打球の上がりが良くなっている。長打力が持ち味」と長打力の向上を認めた。

試合は10回のタイブレークの末、4-8で敗戦となったが、野口選手、久保田選手も状態を挙げており、秋につながるアピールとなった。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

鳴門渦潮では3年夏に甲子園出場。遊撃手だがマウンドにも立った。強肩巧打の右投げ左打ちの内野手に、視察した中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「タイミングは取れていないが、しっかりスイングはできている。足の故障もあったと聞いているが、その影響もあるかもしれない。『さすが』という打撃は垣間見えた。素材は素晴らしい。攻守に足が使えるようになれば、ドラフト上位候補になると思う」と評した。

プロ8球団が視察。直前の8回表1死一塁の守備では盗塁を試みられボールをうまく握れなかったが、とっさにワンバウンド送球で刺した。それでも二塁送球完了は1秒8台を計測する強肩ぶり。中日の中田宗男アマスカウト・アドバイザーも「あれだけフルスイングできる力があるし、地肩もある。ウチの木下(拓哉)みたいなタイプ」と評価する。

この日は8球団15人のスカウトが視察。阪神・渡辺スカウトは「打球の上がりが良くなっている。長打力が持ち味」と評価した。

関大ドラフト候補コンビ8球団の前で打力発揮 久保田2戦連発&野口3安打 - アマ野球 : 日刊スポーツ
関大は近大に敗れたが、今秋ドラフト候補コンビが大暴れした。久保田拓真捕手(4年=津田学園)は1点を追う8回、先頭で左翼に一時同点となるアーチ。23日京大戦から… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント